Sponsored Link

キャスカの危機を知らされたガッツは「断罪の塔」へと急ぐ。

「娼婦達」のテントに匿われていたキャスカ。

「蝕が再び行われる。お前は選択をしなければならない。助けるか・戦うかだ」と骸骨の騎士に言われたガッツ。

「あれが・・再び・・」とガッツは走る、キャスカの元へと。

 

 

三浦健太郎先生の描くダーク・ファンタジー「ベルセルク」あの狂信者「モズクス」とその使徒達。

「断罪の塔」に住み着く「異形の卵」謎多き聖地。残酷な異教徒狩り、無残に殺される親子。たくさんの死が集結する地。

ガッツは無事にキャスカを助けられるのか?!

 

 

「ベルセルク」コミック19巻~21巻、感想とあらすじ

アニメでは、ガッツがものすごい音を立てて登場しますが、あの音は耳障りな気がします。

生誕祭

娼婦キャスカ!?そして生け贄・・・?

キャスカが匿われていた「娼婦のテント」にも、異教徒狩りの手が伸びるのでした。

娼婦のぺぺが捕まり、ルカ姉はペペを庇い「異教徒狩り」に捕まる所を偶然にも、ガッツが、助ける。

「娼婦のテント」ではキャスカは「エレーン」と呼ばれていました。

そんな時、梅毒に侵され「助けられる、情けない自分」が嫌になったニーナがキャスカ=エレーンを連れ「異教徒の集まる=サバト」に捕まり、キャスカの胸の刻印をみた男達は「魔女様だ!これで助かる」とサバトの中へとニーナも連れて行かれてしまう。

 

 

それを知らないルカ姉とガッツは消えた「ニーナとエレーン(キャスカ)」の後を追います。

ニーナは「生贄」に、キャスカは「魔女殿」として雄山羊の仮面をかぶった男と交わり家族を成すのだという、その時にファルネーゼ率いる「聖鉄鎖団」が異教徒狩りと乗り込んで、サバトは大混乱状態になります。

 

それを一部始終見ていた謎の影。

アニメではこの「卵」の目が鮮明に描かれています(感動です)。

 

連れてこられた岩屋の中に「亡者ども」の気配が?!

サバトで集まった異教徒達は、身体を乗っ取られてしまいます。

そこへファルネーゼ率いる「聖鉄鎖団」が入交り、「亡者」になった異教徒達が、ファルネーゼ達に襲いかかる!!急いで逃げる雄山羊。

 

逃げる近道があり、そこからと思っていたら胸に一刺し。

「使徒もどき」に変わります。

そして颯爽とキャスカを守る為、現れたガッツに雄山羊の「化け物もどき」が襲いかかります。

先にイシドロにキャスカとニーナを逃がすガッツでしたが、キャスカとニーナは「アルビオン」に連行されてしまいます。

 

そこには狂信者「モズグス」がいて、先にニーナを拷問にかけるという・・・。

ニーナは異教徒は自分ではなくエレーン=キャスカだと嘘をつき、キャスカは拷問にあう寸前、キャスカを守る様に「異形の赤ん坊」が現れ、そこに「亡者達」も集まる。

 

キャスカがパックに手を伸ばそうとしますが、亡者達に飲まれてしまいます。

塔の中は「亡者達」の住処と化してしまいます。

 

そしてセルピコに待ち伏せされたガッツは、セルピコを巻きやっと塔の中に入る事ができました。

パックの話を聞くと、キャスカは取り込まれたけど、身体は溶けずに一番大きい塊の中にいると・・・。

そのころモズグス達の所にも「亡者達」の群れが溢れかえり、また謎の卵がモズクスに一刺し使徒達も、「魔物」に変わっていました。

 

 

聖地に住む住人達も塔に向かって逃げてきたのです。

 

塔の中は「亡者達」と人間達でごった返しています。

天使もどきのモズクス達決行!!

 

 

キャスカの火あぶり

 

キャスカは気を失ったまま「モズグス」の腕の中にありました。

ガッツはもう目の前です。

 

「この娘が現況です。火あぶりに」とガッツに使徒達が向かってきます。

謎の卵・・こいつは一体?!骸骨の騎士が後を追います。まるで大きくなった「ベヘリット」です。

骸骨の騎士の前で卵は話だしますが、骸骨の騎士は卵を斬りました。

致命傷を負った卵は、キャスカを守った「異形の赤ん坊」を見つけこちらも瀕死の状態でした。

「ゆっくり休め」と赤ん坊を飲み込みます。

 

 

ガッツ二者選択の時!!

「時は満ちた」塔は崩れます。

 

一瞬気を失ていたガッツがみたものは、避難民のテントが燃え、「刻印」の形になっている街の光景でした。

そして「亡者達」が一斉に集結し形を作っています。

それは、あの日ガッツがみた「ゴッド・ハンド」の姿に酷似していました。

 

「そういう事か!」そこでガッツは骸骨の騎士の言葉を思い出しました。

「闘うか・救うか、どちらかをえらばねばならぬ」と。

 

キャスカの足元には、火がつけられそうになっています。

片方は「ゴッド・ハンドもどき」ガッツはキャスカを選びます。

Sponsored Link

 

モズグスの使徒達がガッツを襲います。「目の前・あと一歩なのに」とカッツは必死です。

 

神!!千手砲(ゴッド・センジュカノン)これは・・頂けないシーンでした(自分的に)

「そ~ゆ漫画じゃないでしょ?!(汗)」まぁ~相手は神ですから・・神。

とにかくガッツは「使徒もどきのモズグス」を殺し、キャスカはイシドロに助けられ「あの日」とは、違う展開になりました。

しかし「刻印」に卵・・亡者集結!!

 

 

グリフィス受胎・不死のゾッド登場。

塔のてっぺんにいたガッツ・イシドロ・ファルネーゼ達は襲いかかる「亡者もどき」を火で消す作戦です。

ファルネーゼは松明を手にして「神よ」と祈り始めました。

「祈るな!!祈ってたら手がふさがる!てめぇが手に握っているのはなんだ!」とガッツはファルネーゼを怒鳴ります。

塔がバケモノで埋まる!そしてガッツ・キャスカの刻印に激痛が走ります「これは?!」ガッツは見ました・「あの日」の様な「ゴッド・ハンド」が登場した場面を。

 

酷似はしているが、同じではない・・ではグリフィスは?!

あの卵と赤ん坊が融合した時に、ガッツが見た影!!それは「グリフィスの受胎」人間の姿で、この世に戻ってきたのです!!

妖艶なグリフィスの姿に、目を見張る一同。

朝日です。亡者達一同、消え去りました。ガッツはキャスカを助ける事ができました。

 

「これで・・」と思ったら「バーキラカ一族」が「鷹の誕生を見にきた」と攻撃してきます。

バーキラカ(ガッツと格闘大会であったターバン野郎です)ガッツ達は、そこに生き残った者達全員、息を止めて目をみはりました。

朝日の中に、あまりにも妖艶で、美しい美少年が、不死のゾッドを膝まづかせているのです。

そうです。グリフィスが(謎の卵と瀕死の赤ん坊の融合)で人の姿で受胎したのです。

 

バーキラカは「鷹」を手に入れ、自国を強固なものにしたかったのです。

今度は「クシャーンの軍隊」までもが、攻撃してきます。

 

グリフィスを見たものは確信しました「人ならざる者」だと。

ガッツとキャスカは、二つの軍隊の間をぬうように馬に乗って去っていきました。

 

その日から、世界の形が崩れ始めました・・

Sponsored Link

 

「ベルセルク」19巻~21巻の感想

「グリフィス人としての誕生」の巻です。

この巻は「神」がでてきて、三浦先生らしくないストーリーだと感じました。

少し遊びすぎてないかと疑ってしまいます。

「グリフィス」=卵&ガッツとキャスカの子供であるならば、人型のグリフィスはガッツ・キャスカの子供という事になります。

そこらへんを考えると複雑です。

ガッツは「自分の子供」を斬らねばならない定めにあるという事ですから。

アニメでもこのシーンはグリフィスが以前より「妖艶で中性的魅力」が溢れていました。

アニメのグリフィスいいです。

でも「ゴッド・ハンド」に転生した時の「フェムト」ではダメだったのでしょうか。

  1. 何故、人に受胎したのか?
  2. 力的に「フェムト」の方が数倍強い気がする。
  3. いわば、自分の子供である「新生・グリフィス」をガッツは殺せるのか?

 

「グリフィス受胎」は良いですが、その他はこの筋書きは・・頂けないです。

本当に「あの三浦健太郎先生が考えて描いたのか?」という疑問にぶつかります。

まぁ~色々ありますが、この辺から「RPG」っぽくなってきます。

それがいいんだというファンの方もいらしゃるので(自分的な・個人的な意見と受け流して下さい)

では・・この次は「クシャーン」「バーキラカ」も絡んでの話ですね。

 

そしてフェルネーゼとセルピコさん・・二人がどうしてガッツと手を組んだのか・・

では・・またお会いしましょう。

 

(記事:kerorin)

(出典画像は全て:AmazonKindleより)

 

ベルセルクの記事1巻~はコチラ

 

 

 

↑コンビニでお気に入りの週刊誌とcomicsを買うとそれだけで1000円近くいきます。それを思うと「Kindle Unlimited」がどんだけお得なのか分かると思います!初回30日間無料です。

 

 

Sponsored Link