先日、区の特定健診へ20数年ぶりに観念して行ってきました。

59歳という年齢ですからやはり血圧が高いということでした。

 

で、普段から血圧を気軽に簡単に計測できないかと、考えていたんですがAmazonで血圧まで測れるスマートウオッチなるものを発見しました!

Sponsored Link

 

これが使えるのかどうかレビューしました。

 

血圧を最も簡単に常に測りたくて激安スマートウオッチを使った感想

病院や薬局などで測るタイプは確かに正確な数値は測れるでしょうが、自宅でやはり手軽に測れないと意味がないと思うんですね。

血圧なんて常に変動するんですから。

 

毎回毎回、わざわざ腕に巻いてブイーーーン・・・プシューとかもズボラな私からすると面倒なんでですよ。

^^;

そこでAmazonでウロウロしてたらスマートウオッチ(itDEAL)で測れるとあるじゃないですか!

しかも最新型らしい。

 

他にも色々あったんですが失敗してもいいように、一番リーズナブルな安いやつを試してみることにしました。

 

結論は・・・

条件付きですが結論を言えば十分使えます!

 

条件というのは、つまりみんなが気になるのは精度だと思うんです。

確かに病院や薬局で測った数値とは違いました、じゃあ使えないのでは?と思うのはまた違うんですね。

では詳しく説明しますね。

 

数値が違うのに使える理由

私の血圧は特定健診のときはこうでした↓

上が161、下が86と結構高いです。

※(中性脂肪も激高なんですが今回は血圧に絞ってお話します^^;

 

で、約1ヶ月後検診結果を聞きに行ったとき結局薬で下げましょうということになり、処方箋を持って薬局へ行きました。

そのときに薬局に設置してあった血圧計で測ったのが下の写真です。

何だか分かりませんが下が低いんですよね。

 

で、その日から血圧を下げる薬(アムロジピン―1日1錠)を服用しました。

その翌日にはスマートウオッチがAmazonから届いたので使用開始しました。

 

でその数値が・・・病院や薬局でのとは違うんです。

 

スマートウオッチの血圧計測値が低い?

何だかとても低いんですよね、薬は確かに前日から服用開始しましたが・・・まだ1錠しか服用してません。

そんな急に効果が出るとも思えないし・・・

計測結果は以下のような感じです。

Sponsored Link

 

10以上の開きがあるんです、自宅でリラックスして気が楽というのもあるでしょうが、ここまで差が出るとは思えないんですね。

かといってスマートウオッチがいきなり故障してるとも思えません。

 

これは測り方で違いが出るんだろうと勝手に思っています。

スマートウオッチの場合は特に空気圧とか利用しませんし、デジタル的に計測してるだけです。

 

それがどこまで正確なのかは分かりません、が問題ではないと思っています。

というのもその後の計測数値を測ってみてもあまりブレがないんですよね。

基本的に10分単位で勝手に計測してくれます。

 

その数値に大きなブレは見当たらないんです。つまり病院や薬局の数値が正しいと仮定した場合、単純にその分を上乗せして見ればいいのではないかと。

 

母がオムロンの腕に巻くタイプで朝晩と計測していましたが、時間もかかりそう何回も気軽にできるものではないなという思いもありました。

(計測中は何も出来ませんし)

 

スマートウオッチなら基本の数値ベースが違うだけで、10分間隔で自動で計測してくれています。

変動がグラフで一目瞭然なのは感覚的に解りやすいので買ってよかったなと思っています。

 

10分おきだけではなく、手動でも計測できますし寝ていようが顔を洗っていようが移動中だろうが常に計測してくれるのはありがたいです。

 

操作の画面

Sponsored Link

 

他にも買ってよかった理由

値段はアップルウォッチに比べたらかなり安い3900円くらいのものですが、機能が非常に充実している点です。

 

  • スポーツモード
  • 歩数計
  • 消費カロリー
  • 心拍数
  • 血圧
  • 睡眠状態監視
  • 座り過ぎ防止アラーム

なども利用できますし、私はよくLINEを使うんですが外出中だとLINEの着信に気がつないこともしばしば・・・

 

このスマートウオッチならバイブレーションで着信を教えてくれるので、いちいちカバンやポケットからあわてて取り出す必要もなくなりました。

もちろんLINEだけではなく、SNS全般に対応しています。

 

全部を設定するとバッテリーの持ちが悪くなると思うので、よく使うものだけを設定しておくといいです。

(設定次第では最大1週間弱くらいはもつんじゃないかと)

 

アプリはAndroidとiOSどちらでも可で、アプリ側からでも血圧をリアルタイムで測れます。

諸々の設定はアプリ側からやります。

 

防水機能は当然

今どきのこういったウエアラブル系の周辺機器は、だいたい防水機能付きが普通になってきました。

これの防水性能(防水等級)はIP67でこれは、例えばトイレとかお風呂(水深1メートルまで)などに、ドボンと落としてすぐ拾い上げるぶんには影響はないですよという基準です。

 

これをつけたまま泳いだりお風呂に入ったり(湯船に浸ける)は駄目です。

まぁシャワーや食器洗いや洗顔時にいちいち外さなくても良いという感じですね。

 

その他の便利機能

地味に助かるのが、アラームですね、目覚まし機能はもちろん20個のアラーム機能を設定出来ます。

薬を飲む時間とかバイブレーションで教えてくれるので、うるさくなく周囲に迷惑がかかりません。

 

あとよくスマホをどこへ置いたか忘れっぽい人は、携帯を探す機能を使えば音を鳴らしてくれるのですぐ見つけられます。

カウントダウン機能は何に使うのかイマイチわかりませんが、例えば料理してて煮込む時間をバイブで教えてくれたりですかね。

 

基本ただ手首に時計のように装着しておくだけであとは全自動ですから、簡単ですよね。

 

ただ一つ気になる点も

うーむ・・・「着信を逃ない」・・・w

説明書の方もそうですが、やや日本語が怪しいです^^;

 

とはいえ機能的には十分な働きしてくれますし、日本語が変でも意味はちゃんと分かるので問題はないかなと思います。

 

まとめ

3000円台でここまでの機能とは正直思っていませんでした。

血圧が気になる年齢ですし、そろそろ健康管理面に正面向かなきゃいけないなとは思ってましたので、いいタイミングで安く手に入れられてよかったなとは思います。

 

アップルウォッチもいいのでしょうが値段もそこそこしますし、バッテリーの持ちがいまいちらしいですから何も純正である必要はないのかなと思いますね。

 

こんな風にしっかりデータ管理できて、月ごとや年単位でのデータがひと目で見れるのは分かりやすくモチベーションにつながると思います。

 

まぁ、日本語の表現が変なのはご愛嬌ということで^^;

 

一応バンドも交換できるようです。私は今のままでも問題ないので替えませんが。

 

目標設定もできます。

興味がある方はAmazonで確認してみてください。

 

 

 

Sponsored Link