これから下宿する方、下宿しようか悩んでいる方、下宿にはいくら必要なのか見当がつかなくて悶々としている、なんてことはないですか?

 ここでは実際に下宿した体験から、下宿に何が必要でいくらかかるのか?説明したいと思います。

 また、下宿を始める際に

Sponsored Link
  • あったほうが良かったもの
  • 下宿費用を抑えるためのアドバイス
  • 注意点

・・・なども盛り込んで説明したいと思います。

 この記事が自由で自立した下宿生活をスタートする手助けになれば幸いです。

 

大学生の下宿費用は?必要なものや注意点など実体験からアドバイス

 バクっといいますと下宿スタート時の準備金は40万円、その後は月15万円で生活できます!

 以下では何にいくらかかるのか細かく見ていきます。

 削れるところを削れば、これよりも安い金額に収まります。ぜひ参考にしてみてください。

 

下宿をスタートさせるのに必要なものと費用

引越し費用

 引越し方法は、業者に頼むor自力で引っ越すの2択です。

 業者に頼む場合、荷物の量・引越し距離によって価格が決まります。

一人暮らしの荷物量であれば、3万円くらいで収まると思います。

 自力でやる場合は、レンタカーを使って1日1〜2万円でトラックを借りれます。

1ヶ月目の家賃

 部屋を契約する際に、前もって1ヶ月目の家賃を支払います。

 家賃の相場ですが、東京23区内だと月80000円、それ以外の地域だと月50000円が相場です。

 オートロック無しで大丈夫、ユニットバスでもOKであれば、月3〜4万円でワンルームが借りられます。

敷金

 敷金とは、家賃などの債務支払いの担保や、退去時の原状回復(部屋の修繕・清掃など)に当てるために支払うお金です。

通常、部屋の契約時に支払います。家賃の1ヶ月分が一般的な額です。

礼金

 礼金とは慣習的に支払うお金で、家主さんに対し感謝の意味を込めて支払うものです。

家賃の1ヶ月分が一般的な額です。

仲介手数料

 仲介手数料とは、物件の案内や契約手続きを行った不動産会社に支払います。

家賃0.5ヶ月〜1ヶ月分が一般的です。

火災保険

 火災や水漏れトラブルなどに備えて、損害保険に加入する必要があり、損害保険会社に支払います。

シングルだと1.5万円が一般的です。

食費

 僕の経験上、自炊すれば月2〜3万円程度で収まります。

基本外食でいく場合は、月4万円くらいかなと思います。

携帯代

 現在の携帯料金で考えてください。

今は格安スマホを利用して、月2500円にすることも可能です。

 

ネット代

 だいたい月4000円程度です。

 さらに、wifiルーター(無線でインターネットをするための機械)が必要な場合は別途5000円程度かかります。

 また、マンションによってはネットの開設工事が必要な場合があり、その場合の工事費は1万円程度かかります。

初期設備

 洗濯機、ポット、レンジは実家から持っていくことはできないと思うので、引越しを機に買う可能性が出てきます。

 洗濯機はマンション備え付けで使える場合があるので、確認しておいたほうがいいです。

 ポット、レンジはカップラーメンや冷凍食品を食べるときにあると便利です。

最初は自炊するのが難しいですし、外食ばかりだと食費がかさみます。

そんなときカップラーメンでとりあえずの飢えをしのげれば、安く抑えれます。

電気、水道、ガス代

 電気、水道、ガスは季節によって使用量が変わりますが、だいたい電気代3300円/月、ガス代4000/月、水道代3000円/月程度です。

交際費

 飲み会やデート、趣味などのお金も結構かかります。

 誘惑に負けることを見越して、20000円くらいはみといたほうがいいと思います。

Sponsored Link

その他諸経費

 これ以外に必要なものがちょこちょこ出ますので、それに備えて5000円準備しておきます。

国民年金

 20歳から国民年金の納付義務があります。納付額は月1万6000円です。

 学生の場合は、免除・半額免除・支払猶予の制度があります。自分に合った制度を利用しましょう。

 以上が、下宿をスタートさせるのに必要な費用になります。

 仮に、引越しは業者(3万円)、家賃は月5万円、基本外食、国民年金も支払う、という設定で計算すると、最初の1ヶ月で401300円かかります。

 節約可能なポイントは・・・

  • 引越しを自力でする
  • 家賃を抑える
  • 敷金・礼金を抑える
  • 食費を抑える
  • 携帯代を抑える
  • 交際費を抑える
  • 国民年金の免除・半額免除・支払猶予の制度を利用する

などです。

月いくらかかるのか

 同じ設定だと月15万の生活費になります。

 節約可能なポイントは、上記リストにも書きましたがやはり家賃を抑える、食費を抑える、携帯代を抑える、交際費を抑える、国民年金の免除・半額免除・支払猶予の制度を利用する、などです。

様々な注意点

敷金は退去時に返還請求できます!

 部屋の契約時に支払う敷金ですが、去時に返還請求できます。

 請求額は、支払った敷金から原状回復に要した費用を差し引いた額です。

 退去前に請求しましょう。

 返還時期は契約書を確認してください。一般的には退去から1〜2ヶ月以内に支払われます。

 

敷金0円の落とし穴

 敷金0円の場合、退去後に大家さんから原状回復費用を請求される可能性があります。

 原状回復費用は誰が負担するのか、原状回復の範囲はどこまでかといった点を、契約時にしっかり確認しておきましょう。

 

下宿先の現場は前もって調べておく

 引っ越ししてから色んな問題点に気がついても遅いです。

あらかじめ昼間の様子と夜の様子を観察しておくといいです。

例えば昼間は近くに幼稚園や小学校やパチンコ店などがあると、子供の声やチャイムの音などが気になるかも知れません。

学校行事などがあるとかなりうるさいです。

 

あと商店街などではスーパーやスピーカーから様々な騒音が聞こえてくる場合があります。

 

まだ学校へ行っている昼はいいとして、夜の騒音は睡眠や勉強の妨げにもなりかねません。

ゲームセンターや10時半頃まで開店しているパチンコ店や24時間カラオケボックスやバーやスナックなどが多いと、酔っぱらい達の罵声などが時々聞こえてきて気が滅入ることもあるかもしれません。

 

意外な盲点

僕は以前上記のような問題点もなく快適なアパート(マンション風の見た目は立派な感じ)に引っ越したことがありました。

周辺には何もなく、非常に静な環境だったので快適だったんですが・・・

 

ところが静かすぎたのか、壁や天井の厚みが薄いのか?上の階の人の普通に歩く足音が丸聞こえだったんです。

跳んだり跳ねたりなら分かりますが、ただ歩いてるだけの”スタスタ、ひたひた・・・”という音が良く聞こえてたのでこちらも緊張し、咳をするのも音がしないように気を遣う羽目になりました。

 

あと、夜中に台所から差し込んでくる信号機の3色の光が気になり、勉強に集中できませんでした。

なのでネオンなどの看板が近くに無いかなども気にした方がいいです。

 

女子はやはり

女性の場合は、アパートやマンションの一人暮らしには言うまでもないでしょうが、十分気をつけた方がいいです。

できればシェアハウスなどがいいでしょう。

何かあった場合は誰かが力になってくれるような環境がいいです。

 

アパートやマンションなんかですと、近所に大家さんがいるのがベストです。

何かあれば相談に乗ってくれるかも知れません。

 

そして防犯上2階以上の上に住みましょう。

 

まとめ

 いかがでしたか?

思っていたよりお金がかかるなあという印象でしょうか。

 正直、削れるところを削れば、もっと安く生活できます。

僕は家賃4万円で、食費は学食のミールカード(月1.5万円で毎日1000円まで学食でご飯が食べられるサービス)で抑え、国民年金は支払猶予にして、月10万円で生活していました。

 自分に合った生活設計で、有意義な学生生活を送ってください。
 

 

Sponsored Link