Sponsored Link

 突然ですが、皆様は上司からパワハラを受けた事ありますか?

 たくさんの仕事量を押し付けられた、人格を否定するような言葉でののしられた、仲間外れにされた…等。
 
 上司のパワハラに悩み、心や体が疲れて会社を休職や退職に追い込まれたら、辛いと思いますし、生活に支障が出てきます。

 これを読まれている皆様もやりがいを持って仕事をしたいはず。私もそうでした。

 そこで、パワハラで実際に休職まで追い込まれた私がパワハラ対策法をまとめてみました。

 

パワハラ対策していますか?実際に休職まで追い込まれた私の実例と現状を生告白

パワハラ対策していますか?

 まず、上司の言動がパワハラかどうか考えます。

 

 上司も人間です。

人は権力を持つと自分が正しいと勘違いして「私が指導してやってる。フォローしてやってる。感謝されて当たり前」と歪んだ意識で指導に当たる傾向があります。

Sponsored Link

 

 これはパワハラだ!という現実があるのであれば、パワハラの事実を明確にし、関係機関に訴えていきましょう。

これってパワハラかな?パワハラの6つの形

 職場のパワハラとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

 パワハラは上司から部下へのいじめ・嫌がらせをさして使われる場合が多いですが、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。

 

「職場内での優位性」には、「職務上の地位」に限らず、人間関係や専門知識、経験などの様々な優位性が含まれます。

Sponsored Link

【身体的な攻撃】

蹴ったり、叩いたり、胸ぐらを掴む、タバコの火を近づける、書類などを投げつけたりする等、自分の身体に危害を加える能力・傷害行為です。

 
【精神的な攻撃】

 <人前で叱責される

他の職員を宛先に含めてメールで罵倒される。

必要以上に長時間にわたり、繰り返し執拗に叱ったり怒鳴ったりする行為です。

 

 嫌がらせの一つに相手の人権や尊厳を侵害する行為があります。

 私はこれを受けました。

 

【人間関係からの切り離し】

  • 一人だけ別室に席を移される
  • 強制的に自宅待機を命じられる
  • 職場の会合に出席させない

職場内で無視をする人間関係切り離し型パワハラなどがこれに当てはあります。

 私は上司が同僚と楽しそうに話している所に入れず仲間外れにされました。

 

【過大な要求】

 とうてい無理なノルマを課せられたり、他人の仕事まで押し付けられる事です。

 私は他の人もやっているからという理由で過大なノルマを課せられました。

同じグループの同じ職種の人達は私より件数も少ない状態でした。

 

【過小な要求】

 <役割と違う事を命じられる

業務上の合理性なく能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じたり、仕事を与えずに放置することです。

 

【個の侵害】

 有休を取って旅行に行こうとした所、上司から執拗に旅行の事を問われ、有給の取得も認められなかった。

※(労働基準法上社員が有給休暇の理由を申し出る必要はありません)

 上司が管理の目的ではなく、役職の優位を利用して、私生活や休日の予定を聞いてきたり、携帯電話やロッカーなどの私物をのぞき見したりします。

実際にパワハラに合うと…

 

上記の嫌がらせが断続的に行われている事がパワハラです。

 私はパワハラで精神的・肉体的に追い込まれ、結果的に就業環境を悪化させてしまいました。

 

 そして、被害者は場合によっては自ら命を絶つ場合もあります。

 実際にこれってパワハラ?と思い当たる事がある方は動画を参考にしてみましょう。

 

実際にパワハラで休職に追い込まれた私の対策法

動画の吉田君は最後にうつ病になり休職してしまいました。

 

 私もパワハラに遭い、心療内科を受診しながら仕事をしていました。

上司にもその事は伝え、私の体調を知らせながら仕事をしていましたが、

  • 「あなたのその行動は病気だから?それとも何?」
  • 「あなた日本語わからないの?」
  • 「あなたが変だってみんな言っている」

等の言葉を激しい口調で叱責され、医者よりドクターストップがかかりましたが、引き継ぎの為、ドクターストップから1か月半は仕事に行かざるを得ない状況でした。

 

引き継ぎが終わると次はこれをして、終わると次は…と仕事を命じられ、とうとう壊れてしまい、夫に窓口になってもらい、やっと休職できました。

 

 パワハラに遭わない為にはどうしたらよいのでしょうか?

Sponsored Link

【パワハラを相談しましょう】

 パワハラ被害者はよほどのことがない限り、働きやすい環境に改善してほしいと労働環境の改善を求めます。

 日本はまだまだパワハラに対しての認識が甘いので、職場でパワハラ専門の機関を設置している所は多くはありません。

 

 社内の相談機関では解決できない場合や相談機関がない場合は、社外の相談窓口を利用しましょう。

 

 相談する際のポイントは…

  •  パワハラ加害者の言動の記録やメールを持参する。(詳しい日時が記載してあれば良いでしょう)
  •  パワハラを受けた際の会話を録音した記録をプロに見極めてもらいましょう。
  •  第三者(パワハラを受けていたことを見ていた人)の証言をメモした物を見てもらいましょう
  •  パワハラが原因で精神的・身体的な不調をきたしているようであれば医師に診断書を書いてもらいましょう。
  •  やめてほしい行為や法的手段に出る覚悟があるという内容の内容証明郵便を出すことを前提に今までされたこと、されたくないことを文章にまとめましょう。

 

【個別労働関係紛争のあっせん】

 パワハラのように、使用者と労働者との間に「当事者同士では解決できない問題」が発生した場合、専門の斡旋員が間に入ってトラブルを解決してくれるという制度です。

 
パワハラを裁判で訴えた場合、裁判には膨大な時間と労力、経済的負担がかかる事を覚悟しなければなりません。

それを丸く収めてくれる制度です。

 

あっせんの手順とは・・・

  1. 都道府県の労働局総務部企画室か最寄りの労働局相談コーナーに相談する。この段階での助言や指導で解決すればそこで終わりです。 もし解決が難しい場合は「個別労働関係紛争のあっせん」が行われます。
  2. 斡旋申請書を提出します。
  3. 都道府県労働局長が、紛争調停委員会に斡旋を委託します。
  4. 斡旋員、および斡旋の期日が決定します。
  5. 斡旋が実施されます。
  6. 当事者双方があっせん案に合意すれば、そこで円満な解決になります。

 

【パワハラで休職・復帰について】

 パワハラが原因でうつ病になった場合の休職は「私傷病休職」に分類され、個人都合での休職扱いになります。

 休職期間は職場により異なりますが、勤続年数等で差異を設けるのが一般的で、私傷病給食の場合は数カ月~数年が多く、私は1年間でした。

 
 休職期間満了時、まだ復帰できる状態でない場合、労働契約を終了される場合もあります。

 私は休職時に、休職の覚書を職場と取り交わし、覚書に1年を過ぎた場合退職もありうると記載がありました。

 

 ただし、労災が認められれば休業扱いとなり、休業期間中は平均賃金の60%以上の休業手当を支払わなければならないと法律で決められています。

 

 休職の場合は医師の診断書が必要となります。

診断書をもらうまでに時間がかかる場合があるので早めに医師に相談しましょう。

 

 

【傷病手当の支給】

 私は恐る恐る上司に「休職中に傷病手当を頂きたい」とお願いしました。

 

 傷病手当とは、連続して休職した4日目から服飾の日までの間、傷病手当金申請を毎月1回提出します。

 給付額は「標準報酬日額×0.6×30日(月給の6割)」で、1か月ごとにまとめて振り込まれます。

 

私は傷病手当の申請書を職場より頂いていますが、加入している健康保険のHPよりダウンロードできる場合もあります。

 

傷病手当の書類は自分で書くところと、医師が書くところ、職場が書くところがそれぞれあり、それが揃ったら職場より健保組合へ提出して頂き、支給が決定したら「支給決定通知書、振込金額」が、不支給の場合は「不支給決定通知書」が来ます。

3~5週間以内に傷病手当金は所定の振込口座に振り込まれます。

最大1年6カ月支給を受けられます。

まとめ

 いかがでしたか?

 

 パワハラに遭ってしまった時は…

  1.  パワハラを相談しましょう
     
  2. 裁判より簡便な個別労働関係紛争のあっせんを利用しましょう
     
  3. パワハラで休職・復帰について知りましょう
     
  4. 傷病手当の支給を活用しましょう。

 

  私の職場にはパワハラの窓口はありましたが、担当職員は上司で相談できませんでした。

深刻なパワハラの場合、相談窓口を知っていると心強いと思います。

 
 私は動画のようにパワハラで抑うつ状態になり、休職に追い込まれました。

 上司の事はあこがれていましたが、パワハラをされて心を病んでしまいました。

色々指導して頂いたことは感謝しているので、上司をパワハラで訴えようとは思いませんが、私の大切な日常を返してほしいです。

 今の私はできないことが増えました。

一番悲しい事は何をしても楽しいと思えなくなった事です。

また、笑える日が来ることを望んでいます。

 

 皆様がパワハラの被害者にも加害者にもならないように、この記事が参考になって下さったら幸いです。

 

 

Sponsored Link