初心者時代は年齢的にもまだ若い人がほとんどなので、それほど気にはならないかも知れません。

しかしプロになると、いかに体力を維持するかが身に染みて分かるようになります。

今回は私の体験談も含め参考にしていただけたらと思います。

Sponsored Link

 

漫画家は体力(健康管理)と精神面を正常に維持出来てナンボの世界

あなたの漫画家という職業のイメージはどういうものでしょうか?

私がアシスタントをする前は、漫画の仕事は毎日のように夜遅くまで描きまくって、〆切り前は徹夜が当然だというイメージがありました。

 

漫画の仕事は過酷?

アシスタントなどをする場合は、ベテランの先生ほど時間管理がしっかりしているように思われます。

 

なぜならその先生が、人間が集中して作業が出来る時間というものを、身をもって知っているからです。

むやみに徹夜するより、数時間でも睡眠を取った方がスムーズにミスも少なく効率が良いことを知っているんですね。

 

しかし若い頃は体力にものをいわせ2徹3徹と無理をする人がいますが、かえって効率が悪いことの方が多いはずです。

 

そのダメージはスグには出てきませんが、数年後などに睡眠障害や精神の不安定などとして現れる可能性があるんですね。

漫画家はしょっちゅう徹夜してるようなイメージが、昔からありますが、現実は一般の会社などより時間管理がしっかりしてるところの方が多いくらいです。

 

体力維持が大事だが

一日中デスクワークなのですから、体力はどんどん落ちていきます。

 

しかし食べる量は変わらないのですから、どうしても体重が増える人は多いです。

休日は出来るだけ体を動かすようにし、バランスを取ることが望ましいですね。

 

わたしも仕事がないときなどは、早朝ウォーキングを1万歩毎日やってました。

 

どうしても出来ない場合は、部屋でも出来るストレッチや、ダンベルなどで筋力トレーニングなんかも有効ですし、気持ちがスカッとします。

 

【先生と同じ趣味を持つ】

私の場合、アシスタント時代にそこの先生がテニスを始めることになったので、私も誘われたというのもあり同じようにテニススクールで週2~3回一緒にやるようになりました。

 

まったくやったこともなければ興味もなかったんですが、いざやりはじめると結構面白いことに気がつき汗を流すことが好きになりました。

 

気持ちよく汗を流せると気分も晴れやかになります。

 

運動をすると脳の働きや閃きも、しない人より絶対に良くなります。なので仕事もかえってはかどったと思います。

時間は作ろうと思えば作れます、ぜひ汗をかく時間をもちましょう。

 

最も重要なのは睡眠

運動も大事なのですが、休息・・・つまり睡眠はそれ以上に大事です。

 

先にも書きましたが、徹夜での効率が悪いのは今では常識です。

たとえ数時間後に締め切りだと言う場合でも、どうしても眠い場合は10分でもいいので睡眠をとったほうがいいです。

 

そこまで切迫していない普段の日は、夜型だろうが昼型だろうが関係なくとにかく最低でも6時間は寝ましょう。

平均すると8時間がいいらしいですが、わたしは6時間睡眠が普通でした。

 

で、お昼を食べた後の休憩時間に10分ほどお昼寝をしてました。

これでかなり頭もスッキリして仕事もはかどりましたね。

 

寝られるような環境ではない場合は、あらかじめ8時間くらいはしっかり寝ておきましょう。

Sponsored Link

 

【夜更かしの誘惑】

若い人に多いのが、オンラインゲームなどで夜更かしになることです。

 

ファイナルファンタジーオンラインが出た当時、私もゲーム大好き人間だったのですぐ飛びつきましたw

しかし、2~3回やってこれは危険なゲームだと判断しすぐやめて解約しました。

 

というのがオンライン仲間が出来てしまうと、100%やめにくくなりますし、絶対に生活や仕事に影響が出ます。

プロとして自分を律することは大事です。

 

とはいえ人間は自分に甘い生きものです、誘惑に負けるときもあります。

そんな時は、次の方法を試してください。

 

 

【環境作り】

誘惑してくるものは全て売る。

 

もしそのゲームが漫画制作のネタとして必用な場合を除いて、売りましょう。

もちろん友人に譲ってもいいですし、とにかく手の届く範囲からなくすことです。

 

スマホにインストールしてあるゲーム類もすべてアンインストールしましょう。

ストレス発散とか息抜きだといういいぶんも分からないでもないですが、もの凄い長時間におよぶこともあるのでここは潔くすべて削除した方がいいです。

 

以前は私も好奇心から色んなゲーム(内課金制)に手を出しては課金し、毎月かなりの額を払ってまでやっていました。

というよりもともと私はゲーム依存症だったんです。

ゲーム依存症からいとも簡単に抜けられたコツと6つのポイント

 

人間は弱い生きものなんです、環境が全てです。

ストレス発散なら1万歩も散歩をすれば体力も付くし、頭もスッキリしネタも浮かびやすくなります。

一石二鳥です。

 

次は実際にいた私のスタッフの出来事をお話しします。

 

睡眠障害のスタッフ

私のスタッフで睡眠障害だったのが2人いました。

 

Aさんは年配の方ですが、寝る前に酒をむりやりあおらないと寝られないと言っていました。

もう1人のB君は今ではアフタヌーンで頑張っていますが、彼も睡眠障害でドリエルなどを服用していました。

 

【2人の共通点】

思い起こすと、2人ともとても真面目な性格でした。

 

指示されたことは完璧を求めすぎるくらい完璧で、どこか自分に厳しかったように思います。

なのでいつも知らず知らずに緊張しっぱなしだったのかもしれません。

 

または他人の目を意識しすぎて、”褒められないといけない”というようなプレッシャーを持ち続けていたのかもしれません。

逆に私は、完璧さなどよりいつも”そこそこ”ならいいかなというわりと緩い性格なので、睡眠障害ということとは縁遠い人間でした。

 

漫画家という仕事は、終わらない締め切りにずっと追いかけられる仕事です。

いつも気を張っていてはもちません。

Sponsored Link

 

あしたのジョーのように両手をぶらりとさせて、いつもリラックスするように努めましょうw

 

食事管理

これはとにかくバランスを取ることと、食べ過ぎに注意するしかないです。

 

ただ、私がアシスタントをやっていた頃は先生の奥さんが食事を作ってくれていたのですが、いつも量が多いんですよね。

運動してないので量が食べられないわけです。

 

でも残すのも悪いのでいつも苦しいんですが、残さず頂いていました。

このように避けられない環境でも、一言「自分は小食ですから」と伝えなければ相手も理解できません。

 

または苦手な食材やアレルギーなどもあれば、前もって言っておかないとあとで、返って大変な事になりかねません。

 

または自分で食事を自由に選べる場合でも、入ったことがないお店とかチャレンジしてみると新しい発見やネタが拾えるものです。(健康管理とは関係無いですが)

 

偏った食事にならないように気をつけましょう、食べたものがあなたの体を作り上げているのですから。

 

ストレス発散

散歩がいいよといいましたが、他にも探せばいくらでもあると思います。

できればスポーツでストレス解消をすることをおすすめします。

 

私は以前散歩やテニスもそうですが、独立し漫画家になってからはスポーツクラブへ行ってたこともありました。

これの良いところは、スケジュール管理下に置くことでサボりにくくするということです。

 

 

何度も言いますが、人間は自分に甘いです。都合の良い言い訳をいくらでも考えつきます。

スケジュールに無理くりでも入れることで、継続しやすくなります。

 

 

じゃあ、今でもやってるのかと言われれば・・・やめました(^_^;

というのもぎっくり腰になってその治療で行かなくなってしまい、そのまま遠のいてしまいました。

 

漫画家はずっと座りっぱなしです、一度や二度はぎっくり腰になるものです。

私は朝顔を洗ってるだけでぎっくり腰になりました。

腰が弱くなってるんですね。

 

話がずれましたが、ストレス発散はスポーツがおすすめという話です。

 

睡眠障害を治す方法

先ほども2人のスタッフさんが睡眠障害だったことは話しました。

 

どうも性格的なものが絡んでたように思います。

もっとリラックスして仕事をすれば・・・とは言いますが、そんな簡単なものでもないでしょう。

 

そこで睡眠の質を上げるというサプリでドリエルや、最近では味の素から出ているグリナというのが、そこそこ評判がいいようです。

実は私も中年を超えてから、眠りが浅くなり寝起きがスッキリしない状態が何年も続いていました。

 

以前は酒の力で寝るようにしてたんですが、無理矢理寝たところで睡眠の質が悪いと意味が無いんですよね。

もう昼食後の睡魔は日常化ですし、集中力はないわで・・・

 

時には眠れずそのままおきっぱなし(貫徹)で仕事をするなんて事は、しょっちゅうです。

これでは身も心ももたないなとドリエルやグリナなども試しました。が・・・

 

効果はハッキリ言ってプラシーボ的なものが大きいのかなと・・・

効く人には効くけど、効かない人には全く効果無しということ。

ハッキリ言って気休め程度かなという感じですね。

 

誰にでもしっかり効果があってこその、こういったサプリだと思うんです。

で、藁にもすがる思いで少々値は張りますが、本物がいいかなとネムリスというのを試しました。

違いがすぐ分かりました!ビックリです。

「ネムリス」は、筑波大学・裏出教授監修の睡眠時脳波検証で国内で初めて科学的効果を発見した休息サプリだけあって”もの”が違うってのは読んだら解るんですが・・・

まぁどこの偉い先生とか、どこそこの大学の研究だとか、そんなのは自分としては正直どうでもいいんです。

 

問題は「効くかどうか」です。

質の良い眠りが得られたらそれでいいんですから。

小学生時代以来かな、なんかよく寝れたな~って思わず口にしたのはw

 

これAmazonでも買えるんですが、とにかく高いです!

30日分がプライム価格でも5600円ですよ、でも公式サイトからなら初回限定ですが980円です!

お試し価格的なものかなと思います。

 

気に入れば2回目以降は4900円です。

それでもAmazonや楽天などから買うより遙かに得ですよね。

なので暫くは続けてみたいと思ってます。サプリなしでもいけそうだなと思えばやめればいい話で。

公式サイト>←980円で試したい方はコチラから!

 

まとめ

漫画家は体力あってナンボの世界です。

体力がなければ、気力が出ません、気力がなければ気合いもクソもないです。

いいアイディアも出ません。漫画なんて描くにもならなくなってきます。

 

つまり体と心は一体だということがよく分かります。

どちらかが悪くなると、片方も引きずられるように悪くなり結局身も心もどちらも悪くなります。

運動がなかなか出来なくても、太るくらいですが。

睡眠不足は起きてても死んだような状態になりあらゆる事に影響します。

 

長さではなく”質”です、とにかく質の良い睡眠を取るようにしてみてください。

中には睡眠薬や睡眠導入剤が必用なくらい重症の人もいますが、そうならない為にも”ネムリス”などで調整することも大事かなと思いますね。

 

何でもすぐ挑戦し、試してみる!漫画家なら当然の好奇心てやつです。

 

 

あなたのマンガ、イラスト、ネームなど無料で添削中!「人数限定」

漫画の描き方TOP

 

 

Sponsored Link