腹

いまや医学や科学の進歩は留まるところを知りません、古い常識はどんどん非常識に変化しています。

気がつかず古い情報のままだとかえって遠回り・・・どころか健康にも影響が!

 

たんに油抜きダイエットといっても、人間の身体にとって絶対に必要な油もあるので油について医学的、科学的に新常識を学んでおいた方がいいと思います。

Sponsored Link

 

医学も劇的に進歩しているのですから、古いあやふやな常識は捨てて新しい確かな裏付けのあるダイエット方をやって頂けたらと思います。

ごほん・・・(テレビの受け売りなんですがね・・・・)備忘録として記事にしました。

 

 

油はダイエットの味方だった!太りにくくするおすすめの油は?

では油を味方に付けるとはどういうことなのか?

 

つまり、油にも動物系や植物系といったように色んな種類があります。

その中でも実は太りにくい「というのが存在します。

 

しかも、健康にも良いという素晴らしい油です!それが・・・・

 

 

オメガ系油です。

 

 

オメガ系油ってなに?

オメガ系油のことを無視してはダイエットでリバウンドしたり、不健康になったりろくなことはないので、しっかりと記事を読んで頂けたらと思います。

 

脂質(油)には大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。

それぞれ以下のような特長があります。

 

「飽和脂肪酸」太りやすい

おもに肉や卵、牛乳など、動物性脂肪からなっています。

 

・「不飽和脂肪酸」太りにくい

こちらは主に植物性です。

 

ということは「不飽和脂肪酸タイプの油」を摂った場合なら、太りにくいということが解ります。

 

 

オメガ系油には3種類ある

そして不飽和脂肪酸は、オメガ3オメガ6オメガ9に別けられています。

オメガ3 ( 多価不飽和脂肪酸 )体内で作り出せない

(魚、亜麻仁油、エゴマ油、しそ油・・・など)

 

オメガ6 ( 多価不飽和脂肪酸 )体内で作り出せない

(大豆油、コーン油など)

 

オメガ9 ( 一価不飽和脂肪酸 )体内で作り出せる

(オリーブオイルやゴマ油など)

 

なかでもオメガ6系とオメガ3系は体内で作ることができない「必須脂肪酸」と呼ばれていて、食品から適量を摂ることが大事だとされています。

 

 

しかしオメガ6系は、善玉HDLコレステロールを下げたり、アレルギーを助長することがあるので摂りすぎには注意が必要です。

つまりこのことから総合的に見て一番いい油は・・・

 

 

いい油No.1は・・・

結論としては、オメガ3系という事になります。

Sponsored Link

 

ではオメガ3系油は何がいいのか?

もう少し詳しく掘り下げていきましょう。

 

 

オメガ3系の凄いところ

身体に良いとされている、EPADHAが含まれています。皆さんもテレビコマーシャルなどで何度か耳にしたことがあると思います。

 

  • EPA(魚油に多く含まれるエイコサペンタエン酸)
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)(DHA)
  • α-リノレン酸(亜麻仁油(あまに)エゴマ油(シソ油)など植物油に多く含まれる)

 

EPA・DHAの特長

これらEPADHAには以下のような特長があります。

Sponsored Link

 

  • 血中コレステロール値を下げる
  • アレルギーを抑える
  • 体内の脂肪の合成を抑える
  • 認知症や鬱を予防する
  • 脳を活性化(集中力UP、うっかりミスが減る)
  • 生活習慣病を予防
  • 血栓の予防(動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞)
  • 高脂血症を予防

※(この二つは体内でEPAがDHAに変化したり、その逆もあったりよく似た兄弟のようなものですが、大きな違いはDHAの方が脳や目まで届くということです。なので、二つ一緒に摂れば問題ありません。)

 

 

オメガ3系油が多く含まれている食品

サバ、アジ、サケ、イワシ、わかめ、こんぶなどの青魚、貝類、海藻類

くるみ、アーモンド、かぼちゃ、人参、ほうれん草、しそなどの豆類、緑黄色野菜

油とダイエットってなんとなく敵対関係のようなイメージがありましたが、油の重要性これで解ってきました。

ではどのくらい摂ればいいのでしょう・・・

 

1日どのくらい摂取したらいいの?

1日にだいたい1~2g(1000mg~2000mg)程度の摂取で効果が期待できます。

ただ、今の日本人の食生活では魚を昔のように食べなくなりましたから、半分も取れてない可能性がありますね。

 

「魚で見た場合」

マグロ刺身(5切程度)
DHA量 約2g(約2000mg)

サバの開き(半分程度)
DHA量 約3g(約3000mg)

鰹のたたき(6切程度)
DHA量 約1g(約1000mg)

 

不足分はサプリメントなどで補えば簡単で手軽です。

または、食事の時のドレッシングのオイルを自宅用としてオメガ3系のものを置いておきたいですね。

サラダ用にかけたり・・・

 

日本製粉 アマニ油入りドレッシング(和風たまねぎ)

このドレッシングは評判も良く、非常に美味しいですし身体にもいいですからおすすめです。

 

果物や野菜のスムージーに大さじ1ほど油を入れて飲んでもいいですね。

 

どこで買える?

今オメガ3系油は近所のスーパーでも売られていますし、通信販売でもすぐに見つかります。

ただ、ちょっと値段が高いですね。

その分身体にいいことずくめなのでよしとしましょうか(笑)

 

 

 

まとめ

いかがでしたか? 

 

油抜き、油抜きと、一昔前までは間違った方法が流行っていました。

油は敵ではなく身体になくてはならないものです。

糖分も脂質も正しい知識があれば、恐くありません。

<砂糖の正しい知識はコチラから>

 

私の個人的なことですが、甘いものが大好きなんです^^;

油を使った料理も大好きです、なのでそれらを制限するというのは辛いことなんです。

 

出来るだけ好きな物を食べたいですからね。

正しい知識で正しく摂って、太らない体質にしましょう^^

 

  • 無理な運動はかえってNG
  • カロリー=脂肪、間違いです。
  • 油抜き=健康方、間違ってますよね。
  • 糖分抜き=ダイエット、間違ってます。
  • ○○だけ=ダイエット、当然間違ってます。
  • 置き換え○○=ダイエット、一時的なものなので間違いです。

 

決め手は、オメガ3!

 

オメガ3をしっかり摂って、健康的にダイエットしましょう。

 

以上参考になれば幸いです。

 


こちらのダイエット記事もよく読まれています。

ジョブチューンでやっていた開脚ダイエットが凄い!写真&動画

 

 

Sponsored Link