ジムのバイトというのは仕事内容が想像しづらく、また運動神経が良くないといけないのか?など不安があるかと思います。

今回は私の実経験から、ジムのバイト内容などをご紹介できればと思います。

経験したからこそ分かるメリット・デメリットなども参考にしてみてください。

Sponsored Link

 

ジムでバイトするなら内容をまず知ろう!(経験者が語る)

【どんなジムで、どんな仕事をしたいですか?】

まず、一言にジムといっても、その形態は様々です。

 

24時間営業しているものもあれば、プールがついているものもあり、専属トレーナーとしてお客様と一緒に頑張るものまであります。

これらの中から選ぶにあたって大事なのは、自分がどんな仕事をしたいか?ということです。

 

あまり運動の知識も経験もないということであれば、24時間営業のチェーンジムで受付スタッフをするのが良いかと思いますし、

逆にそういった知識を養うためにジムでバイトを考えている、ということであれば専属トレーナーやインストラクターとして働くのが良いかと思います。

 

【バイトとしてのジム選びのポイントは2つ!】

 バイトをするジムを選ぶ際のポイントを大きく2つに分けました。それは、

  • 仕事内容、運動経験の必要性
  • 時給、及び福利厚生

です。一つずつ解説していきたいと思います。

 

【仕事内容】

 先にも述べたように、ジムによって仕事内容は大きく変わってきますが、いくつか私が体験したもので、ありそうな仕事をピックアップしてみました。

運動経験がない、あまり詳しくない

意外に思われるかもしれませんが、実はこういった運動が苦手な方がジムでバイトするのは珍しくありません。

 

そういった方の主な仕事は受付と掃除となります。

受付であれば特に筋肉や器具の専門的な知識は必要ありませんし、掃除に関しても特別なモノや方法を使うことはありません。

受付業務の一つに見学案内や新規入会手続きがあり、その際にお客様から器具の使い方などちらっと聞かれることがありますが、そのくらいの知識はバイトしていく中で覚えていくと思いますので、最初から知らなくても大丈夫です。

 

運動経験がある、筋トレ等詳しい、もしくは勉強したい

基本的には受付や掃除もしますが、こういった方はジムやプールのサポートスタッフでしたり、実際にインストラクターとして指導することもあります。

 

サポートスタッフというのは、初めてジムをご利用されるお客様に対して、器具の使い方や目的に合った利用回数の指導や、ダンベル上げなどされているお客様の補助にあたるのが主な仕事内容となります。

 

インストラクターとはご想像の通りヨガやストレッチのレッスンの指導が主な仕事内容です。

簡単なものであれば特に資格もいらず、マニュアル通りのストレッチを順番に読み上げればよいのですが、難易度の高いものですと資格を取らされることもあります。

 

メリットとしては、バイトの一環として資格をとることができる点と、時給が上がる(レッスン中は+約100円)ことが挙げられます。

デメリットとしては固定シフトとなるため、スケジュールが流動的な方には向いていません。

 

【時給、及び福利厚生】

 バイト選びで重要な要素となって来る時給ですが、私の知る限り高額な時給のジムはあまり見たことがありません。

というのも、ほとんどのジムでは福利厚生としてジムを無料で使わせて貰えます。

ジムでのバイトを希望する人のほとんどはこの福利厚生が目当てだと思いますので、win-winではないでしょうか。

 

但し、私の経験上暇な時間はバイトに充てるため、思っているよりジムを利用できる時間は少ないです。

意図的にバイトの時間を減らして、その分ジムに通うのもあまり印象はよくないですし。

Sponsored Link
Sponsored Link

 

 

【その他気になるポイント】

上記では書ききれなかった細かいポイントもいくつか挙げてみましたので、こちらも是非ご確認いただければと思います。

【お客様の年齢層】

私が働いていたところはご高齢の方が6割、主婦の方が3割を占める、所謂地域密着型のジムでした。

 

こういった年齢層の良い点と致しまして、クレームや問題がかなり少ないことが挙げられます。

人の入れ替わりも少ないですし、10年以上続けている方が多いのでこちらに何か注文することもほとんどありません。

強いて言えば、視覚的にはあまり楽しくはありませんのでそこがポイントでしょうか。(笑)

 

【身だしなみについて】

基本的には清潔感がとても大事となってきます。

 

ほとんどの場合男性は髭NGの長髪NGだと思います。

女性の場合は清潔感があればロングでも大丈夫かと思います。

髪色に関しても基本黒が良いとされています。

 

ただし、若干であれば許してくれることが多いです。女性の場合は明るすぎなければ基本大丈夫だと思います。

 

【いいところ、楽なところ】

飲食店と異なり、混む時間帯というのがありません

また、特に若い人が多く集まるジムは、皆さま黙々と一人で筋トレを行いますので接客で忙しくなることはないかと思います。あとはやはりジムを無料で使える点ですね。

 

頻繁にはいきませんでしたが、それでもやりたいときに運動ができる、というのは大きなメリットだと思います。

 

 

【悪いところ、嫌なところ】

ジムならではの嫌なところは正直そこまでありませんでした。

 

クレームも稀にありましたがジムに限った話ではありませんし、給料も最低ラインよりは少しもらえますし。

強いて言えば、掃除が大変ということでしょうか。

 

器具についた汗や、シャワー室の掃除、プールがついているジムはプールの清掃もあるため細かい掃除が苦手な方や、人の汗や髪の毛の掃除が生理的に受け付けない人はあまり向いていないかもしれません。

 

 

オススメのジム・フィットネス

【XSLIM(エクスリム)】

XSLIM(エクスリム) 店舗

<東京都>

新宿本店、東新宿店、神田・秋葉原店、上野・御徒町店、新橋・銀座店、北千住店、池袋東口店、池袋西口店、渋谷店、青山・表参道店、品川店 、立川店、 町田店

 

<神奈川>

横浜店

 

<千葉県>
船橋店、柏店

 

<大阪府>
大阪梅田本店、心斎橋店

 

 

 

まとめ

以上長々と書いてきましたが勤務内容はジムによって、また人それぞれの人柄やスキルによって多少変わって来るかと思います。

 

なのでまずはジムの見学と、お問い合わせをしてみるのが一番かと思います。

夏に限らず体作りは大事となってきますので、ジムに通いがてらバイトを始めてみませんか?

 

 

(記事協力:あまのくん)

 

 

Sponsored Link