ブライダルスタイリスト

皆さんはブライダルスタイリストという仕事をご存知でしょうか?

華やかで綺麗なこの職業を目指す人も多いかと思います。

ブライダルスタイリストとはどんな仕事なのか?

ブライダルスタイリストになる方法は?

大手ブライダル企業4店舗で働いた、私の経験も踏まえてお伝えします。

(記事担当:nene)

 

ブライダル スタイリストになる方法!

 

【ブライダルスタイリストとは?】

一言で言うと、婚礼衣装を選ぶお手伝いをする仕事です。

Sponsored Link

店舗にもよりますが、基本的にはご新郎・ご新婦様だけではなく、親御さんの衣装も揃えているお店が多いかと思います。

しかし、ブライダルスタイリストの仕事はそれだけではありません。

婚礼衣装に関する全てのケアをするのが、ブライダルスタイリストの仕事なのです。

 

ブライダルスタイリストになるためのステップ3つ

まずブライダルスタイリストになるためのステップはこの3つです。

  • 仕事を知る
  • 進学を考える
  • 経験を積む

 

今回は分かりやすくご新婦の接客に絞って、更に詳しく説明をしていきます。

 

 

1.婚礼衣装を選ぶお手伝い

私たちの一番メインの仕事でもある、婚礼衣装を選ぶお手伝い。

そう、あくまでも『お手伝い』なのです。選ぶのはご新婦様です。

しかしながら、ご新婦様が好きな衣装を選んでそれを提供するだけでは、普段の洋服選びと同じです。

婚礼衣装は洋服のように毎日違うものを楽しめません。

 

ご新婦様は、一生の思い出に残る一日を過ごすために、大きな金額をかけて一生懸命選ぶのです。

前撮りや二次会などでお色直しを数回したとしても、そう何着も着れません。

だからご新婦様は、妥協できないと必死に悩みます。

今はネットで沢山の情報が得られる時代です。予備知識を得て衣装選びに挑んでいるご新婦様が多いです。

そのせいで先入観を持ってしまって、逆に、余計に悩んでしまうご新婦様もいらっしゃいます。

そこで、専門知識を持ったブライダルスタイリストが、ご新婦様の話を聞きながら、道筋を作ってあげるのです。

 

2.小物選びのお手伝い

婚礼衣装と言っても、衣装本体だけで完成ではありません。

 

洋装なら、ベール・グローブ・ヘッドパーツ・アクセサリー…etc。

和装なら、半襟・掛下・箱せこなどの和装小物…など、トータルコーディネートができて完成なのです。

外からは見えない、パニエ(ドレスの中に履く、ワイヤーの入ったスカート)やインナーの相談にものります。

 

時には髪型の相談を受けることもあります。

常に流行を察知し、衣装の特徴をとらえてトータルコーディネートを提案することも、ブライダルスタイリストの仕事です。

また、小物を提案する時には、一つ一つの小物の意味合いを説明することで、ご新婦様のイメージを膨らませてあげることも重要です。

 

3.メンテナンスもスタイリストの仕事

衣装や小物を選び終わったら終わりではありません。

お客様が無事に当日を迎え終わるまでがブライダルスタイリストの仕事です。

 

  • 当日着る衣装や小物に汚れはないか?
  • サイズに問題はないか?
  • 破損はないか?

 

全てチェックしてから納品・セッティングをします。

多くのお店にはお直し担当のスタッフがいますが、スタイリストが自分で対応しなければならないこともあります。

そのためには、裁縫やスチームアイロンの当て方などの技術も身につけておく必要があるのです。

 

4.売上の管理

お店を存続するためには売上が必要不可欠です。

 

大抵のお店ではスタイリスト全員に売上目標が与えられ、企業によってはインセンティブや表彰という制度を設けている場合もあります。

それくらい一人一人の売上を意識している点も、ブライダル業界の特徴かもしれません。

 

売上を上げるためには工夫が必要です。

接客スキルが低くお客様を迷わせてしまうスタイリストは、初回の接客で決定させられずに、お客様に再来してもらうことになります。

そうなると、新規顧客の接客に入れる枠が減るため、売上を上げるチャンスも減るのです。

初回来店でお客様に即決させることのできるスタイリストは、担当の顧客が増えていき、売上も伸びます。

ここで注意したいのは、初回即決させる…つまり、悩ませないことはご新婦様のためでもあるということを忘れないでください。

 

売上にガツガツしていると接客も雑になり、結果的に接客数ばかり稼いで受注率が低いということになりかねません。

あくまでも、顧客満足度と売上が比例することを忘れないようにしましょう。

 

 

 

Sponsored Link

ライダルタイリストの魅力と大変な点

Sponsored Link

綺麗な衣装に囲まれて、お客様の幸せのお手伝いができる。ブライダルスタイリストとは、表向きはとても華やかな仕事ですが、そのぶん裏ではとても大変な思いもしているのです。

 

ブライダルスタイリストは、体力と精神力の勝負です。その魅力と大変なポイントをお教えします。

 

 

1.スタイリストは体力勝負

まず大変なポイントは、拘束時間が長いです。

 

10時から接客が始まるとして、その前にお店の掃除・接客の準備をしなくてはなりません。

朝礼があるお店もあります。

 

繁忙期のインショップだと、朝イチの施行に合わせて出勤する場合もあります。

その後接客に入りますが、お昼休憩がまともに取れないこともあります。

ようやく接客が終わったら、お客様の衣装を発注したり、事務処理をしなくてはなりません。

お客様からメールやお電話をいただいていれば、その対応もします。インショップであれば、週末は施行の準備で、邸宅中を駆け回らなくてはならないところもあります。

 

私が勤めていた中で一番ハードだった店舗の繁忙期は、終電を逃してタクシーで1時過ぎに帰宅し始発に乗るために4時に起きる…という生活でした。

時には店舗近くのスーパー銭湯に宿泊したこともあります。

 

また、婚礼衣装は重量があるため、常に力仕事なのです。

 

 

2.様々なプレッシャーに耐える精神力

ブライダルスタイリストは沢山のプレッシャーやストレスを抱え、自分の中でうまく処理していかなくてはやっていけません。

 

多額のお金が動く仕事です。

どんなに落ち度のない仕事をしていたつもりでも、たった一言でクレームに繋がってしまうこともあります。

一歩間違えれば、お客様から訴えられる可能性もあるのがブライダル業界の怖さです。

 

そのため休みの日でも、あの衣装ちゃんと手配できてるかな?などと心配してしまいます。

また忘れてはいけないのが、女性社会であるということです。

 

女子校出身の人や、女性社会で働いたことのある人はよく知っているかと思います。

全ての店舗が…とは言いませんが、女同士の壮絶な戦いがおきている、いわば戦場です。

 

成績が良ければ先輩からの風当たりが強くなることもあります。

男性スタッフは気の強い女性に囲まれ、ストレスフルになるかもしれません。

ブライダルスタイリストになるには、鋼の心が必要なのです。

 

 

3.お客様からのありがとう

ここまでブライダルスタイリストの大変さをお伝えしてきました。

しかし私のようにそれでもブライダルスタイリストを続けている人がいるということは、その大変さを覆すほどのやりがいがあるからこそです。

その一番の理由は、やっぱりお客様からのありがとうです。

Sponsored Link

 

お客様の一生の思い出のお手伝いをするのです。

何年か経って、ご新郎・ご新婦様が思い出話をしたとき、あの衣装選ぶの大変だったよね~なんて言いながら、私たちスタイリストのことも思い出すのです。

 

最終のおサイズチェックや衣装お渡しの時に『ここで衣装を決めて良かった!』という言葉をもらえた時は、その度にこの仕事をしていて良かったと心から思えます。

 

ブライダルスタイリストは、インショップでない限り、当日の一番素敵な姿は見れない仕事です。

しかしお客様によっては、お手紙やメールで写真を送ってくれる人もいます。

 

すぐに独り立ちできるわけではないので、この喜びを得るまでに厳しい研修や先輩からの指導でくじけそうになることもありますが、その先にあるのは、お客様からの『ありがとう』なのです。

 

 

4.自分が成長できる

お客様は十人十色です。同じお客様は1人もいません。

そのため、常に違う引き出しが必要になってきます。

足りない引き出しは増やさなければなりません。

売上も達成すればするほど、目標値が上がります。常に成長し続けていかなければ、続けてはいけません。

また、多くの企業では勤続年数によって役職がつくようになるところもありますし、実力で這い上がっていくところもあります。

3年目には指導係になるかもしれません。

そうすれば今度は、後輩を育てていくスキルが必要になります。

そこで学ぶものもあるかと思います。

ブライダルスタイリストは常に自分を試し、自分の頑張り次第でいくらでも成長するチャンスのある仕事なのです。

 

Sponsored Link

門学校?大学?ブライダルスタイリストに最適な道は?

ここまでブライダルスタイリストという仕事を紹介してきましたが、ではブライダルスタイリストになるには、どうしたらいいのでしょうか。

 

専門学校がいいのか?大学がいいのか?中途採用でブライダルに入社したい場合はどうしたらいいのか?色んな目線・パターンに立ってお答えいたします。

 

直学歴は関係ない?!

専門卒でも大卒でも、正直どちらでもブライダルスタイリストは目指せます。

どこのブライダル企業も、新卒には即戦力を求めているわけではなく、しっかり研修をしてから実務にあたるからです。ただ、それぞれメリット・デメリットはあります。

 

1.専門卒の場合

まず専門卒だった場合、企業の選択肢は狭まります。

 

ブライダル業界も学歴を重視している企業は意外と多いのです。

そして入社できたとしても、大卒の子たちより1万円程、給料が安い場合があります。

 

専門学校で学ぶ知識は、実はそれほど大きな武器ではないということに、入社して気づきます。

私がそうでした。

しかしメリットもあります。

専門学校にいると資格を取る機会が多いため、大学生たちが持っていないブライダルに特化した資格を取ることができます。

また、

専門学校にはインターンシップという単位必須の科目があります。

専門学校は就職を目標とした学校のため、企業との繋がりを大切にしており、うまくいけばインターンシップからそのままアルバイト→就職となります。

 

就活対策の授業もあるため、大学生のように100社以上受けるようなことも滅多にありません。

専門卒は、あなたの頑張り次第で内定への近道になるかもしれません。

 

 

2.大卒の場合

一方大卒は、専門学校の逆で、企業の選択肢は広いです。

 

専門卒NGのところはあっても、大卒NGの企業はありません。

給料も専門卒より僅かですが高いことの方が多いです。

しかし専門卒と同じくデメリットもあります。

就活に対する制度は確実に専門学校の方がしっかりしているため、就職率は専門学校の方が高いと言われています。

また大卒の人たちはブライダルに特化した資格は持っていない人の方が多いので、知識はゼロスタートです。

 

 

3.中途でブライダルスタイリストになりたい場合

専門学校も大学も出ていない。ブライダルの経験もない。それでもブライダルスタイリストになりたい人、いますよね。

断言します、なれます!

アパレルなど接客で正社員経験があれば、正社員または契約社員で中途入社できる可能性は充分あります。

正社員経験のない人は、アルバイトから社員を目指す方法があります。

 

ブライダル業界のアルバイトは、正直いうと、業務量に対して安いです。

なかなか時給は上がりません。それでもブライダルスタイリストを目指したいと思う気持ちがあるなら、アルバイトで頑張ってみる価値は充分あります。

もう一つの方法として、ブライダル専門の派遣で登録し、経験を積むという選択肢もあります。

しかしデメリットがいくつかあります。

 

一つは、研修期間が無給の場合が多いこと。

もう一つは、派遣なので売上まで求められない場合があるので、仕事内容によっては、着付けのスキルこそ身につきますが売上を伸ばすスキルは身につかない可能性があります。

 

4.入社後は実力次第

入社してしまえば、あとは大きな違いはありません。

 

同じ研修を受け、同じように独り立ちします。

初任給そこ違えど、あとは実力社会です。

専門卒でも、売上成績が良ければステップアップできますし、大卒の給料を上回ることだって可能です。

それはアルバイトから入った人でも同じです。

Sponsored Link

 

になるお給料は?

気になるお給料の話です。

 

ブライダル業界全体を通して、決して給料は良くありません。

大手であっても、新卒(大卒)で残業代別で18万前後です。

20万前後のところもありますが、その場合はみなし残業のところがほとんどです。

アルバイトの時給は950円スタートが標準です。

経験者で、なおかつ実力があると自負している人であれば、1000円~1100円スタートの場合もありますが、稀です。

 

 

まとめ

やる気があればブライダルスタイリストになれます。

いかがでしたでしょうか?

 

ブライダルスタイリストとは、デメリットや辛いことが沢山あります。

でも、やりがいは充分あります!長く続けるコツは、この仕事を好きになること、それだけです。

私は、大手ブライダル企業4社を経験しています。

現在は子育てをしながらなので、週4日で定時上がりと、とても融通を利かせてもらって働いています。

でもその裏には、それまでの経験と実績があり、融通を利かせてもらっている代わりに、売上を上げると約束をしています。

 

約束通り、受注率60パーセント以上の売上をキープし、店舗の売上目標の3分の2を1人で売上げています。

ブライダルスタイリストは最初は辛いことばかりの職業です。

悔し涙も沢山流します。

 

辞めようと何度も思います。でもその先にあるのは、お客様のありがとうと、自分自身の成長です。

本当になりたいという気持ちさえあれば、その夢は実現できます。ぜひ夢を叶えてください。

 

(記事担当:nene)

 

 

↑コンビニでお気に入りの週刊誌とcomicsを買うとそれだけで1000円近くいきます。それを思うと「Kindle Unlimited」がどんだけお得なのか分かると思います!初回30日間無料です。

 

 

Sponsored Link