星座方角

星に願い事、ロマンティックですよね。

叶うのかどうかはさておいてw 美しい流れ星を見られるだけですでにお得な気分になれます。

そんな素敵なチャンスを逃さないためにも、時期時間ピーク方角は前もって知っておきたいものです。

 

そして気になるのはいつもお天気ですよね。

お天気アプリのことならこちらの記事がおすすめです▼

足立区花火大会、場所取りの前にお天気アプリで天候確認!

 

流星群の方角とピークのまとめ

 

1月期間1日~5日

しぶんぎ座流星群>

Sponsored Link

Sponsored Link

(出典:http://www.rbbtoday.com/article/2017/01/03/148362.html)

三大流星群の一つ、しかも新年最初に見られるのがしぶんぎ流星群です!

見られる期間は約4~5日間と短いですが、この時期の天気は毎年晴天に恵まれるので大丈夫でしょう。

 

<時間&ピーク>

ピークは夜0時~夜明けまで!

去年は見辛い状態 でしたが今回2017年は一番見やすいとのこと。

ただし 月明かりがあるとその明るさに邪魔されるそうです。そこで出来るだけ月がない方向を眺めましょう。

 

もし、見逃しても翌日の深夜0時から~夜明けも見れるので再チャレンジできます。

^^

 

<方角>

 

北東、北斗七星のひしゃくの部分から あらゆる方向に出始めるそうです。

全国的に見られる流星群ですが、太平洋側は比較的見られるそうです。

東京の天気は心配ないそうですよ。

しぶんぎとは?」

四分儀【しぶんぎ】

象限儀とも。天体の高度を観測するのに用いられた天文観測機器の一つ。円周の4分の1の目盛環に0°から90°まで目盛ったもので,これに円の中心を通る視準尺が取り付けてある。(引用:百科事典マイペディア)
しぶんぎ
(出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Quadrans_Muralis.jpg)

 

「注意事項」

この時期は非常に寒いので防寒対策は万全に!

 

4月22日

こと座流星群

春、新生活を送る人は色んな不安や心も落ち着かないこともあるでしょう、そんな時こと座流星群の流れ星に癒やされるのも一興。

願掛けチャンスを逃さないようにしましょう。

 

<ピーク>

21時頃!

 

<方角>

とくに決まっていませんから、どの方角でもいいのですが、月明かりの影響を受けない方角がいいですね。

Sponsored Link

 

5月4月19日~5月28日

水瓶座η流星群>

 

水瓶座η流星群は流星群の中でも1ヶ月半とかなり長期間にわたって観測が出来るので、ぜひ観測したいですね。

 

 

<方角は?>

天空のどこからでも振ってきますから、どの方角でもいいのですが月明かりの影響が少ない月のない方角がいいですね。

 

<ピークは?>

5月5日、5月6日、5月7日の0時から夜明け

期間も丁度ゴールデンウィークにはまるので、お子さん達とご家族で空気の綺麗なキャンプ場などの一つのイベントとして素敵な想い出になりますね^^

 

この経験はお子さんの記憶に宝物として一生残るでしょう。

 

8月7月20日~8月始めの1週間ちょい

ペルセウス座流星群>

三大流星群のなかの一つで夏休みに観測するにはもってこいの流星群ですね。

しかもピークとなる極大では1時間に20個前後の流星が確認できるので、観測していて退屈することもなく願い事も沢山言えるのがいいです(笑)

夏のキャンプなどのイベントの一環として、観測してみてはいかがでしょう。

 

<ピークは?>

8月13日前後だと推測されています、だいたい夜明け頃がこの日の最大のピークになりそうですね。

 

<方角は?>

どの方角でもOK、ただし月明かりに邪魔されない方角がいいでしょう。

 

 

10月10月初旬~11月初旬

オリオン座流星群>

これもメジャーな流星群ですね、約1ヶ月間にわたって観測できるので見れるチャンスは沢山ありそうです。

とはいえやはり、ピーク時の方が断然チャンスは多いので予定表に入れておきましょう。

 

<ピークは?>

10月21日、20時ごろがピークです。しかも2017年は去年の2016年よりも好条件なので見やすいです。

20時という夕飯もおわり、お子さん達もまだ眠くならない早めの時間帯なのでいいですね。

ただし興奮して寝付きが悪くなるかも知れませんが(笑)

 

できれば都心の明かりの影響を受けにくい人里離れた場所がいいですね。

 

11月

獅子座流星群>

今年の11月の月齢は1なので最高の条件下での観測ができそうです。

 

<ピークは?>

11月18日の1時ごろがピークになります。

 

12月

双子座流星群>

12月14日の15時が極大なのですが、これは残念ながら見れません。

なので14日~15日の夜に観測するしかないですね。

 

 

まとめ

夜空

2017年の流星群はGW夏休みにタイミング良くやって来てくれるので、星空ファンにはたまらない年になりそうです。

ただし、天気がよければということですが・・・お天気アプリなどで日にちが迫ってきたら予め確認しておいた方が良さそうですね。

足立区花火大会、場所取りの前にお天気アプリで天候確認!

 

以上2017年の流星群まとめでした。

参考になれば幸いです。

 

 

 

↑コンビニでお気に入りの週刊誌とcomicsを買うとそれだけで1000円近くいきます。それを思うと「Kindle Unlimited」がどんだけお得なのか分かると思います!初回30日間無料です。

 

 

Sponsored Link