Sponsored Link

お年玉

 

子供の頃、お正月の楽しみといえばなんといってもお年玉でした^^

(あ~、あの頃に戻りたい)笑

お正月に父方の実家に行くと次々とお客様が年始の挨拶に訪れ、小さな袋を渡されます。

正月三が日が終わる頃には、普段のおこずかいの何倍ものお金がそこに!!

子供ながらに興奮したものでした(笑)

 

しかし、大人になって今度はお年玉を用意する立場になると、まあ大変です(^_^;

 

  • 甥と姪には今年からいくらあげたらいいのだろう?
  • 大学生になってもあげるのか?
  • じゃあ社会人1年生は・・・?というかいつまであげるの?
  • 子供の数にのある場合は・・・?
  • お爺ちゃんお婆ちゃんなど親にお年玉!?

・・・など改めて考えてみると疑問が次々と沸いて出てきました。

 

知らないうちに非常識なことをしてはいないだろうか?

そこで年齢別などのお年玉の相場についていろいろと調べてみました。

 

よろしければ参考にしてください(^^)/

 

親戚の子へあげるお年玉の相場を調査!

相場 お年玉

 

赤ちゃんから大学生まででは、いくらくらいが相場なのでしょう。

 

調べてみた結果は以下の通りでした。

 

学年別お年玉の相場金額備考
赤ちゃん~幼稚園500円~1000円図書券やお菓子でも可
小学校低学年3000円~5000円
小学校高学年5000円~10000円
中学生、高校生5000円~10000円
大学生や社会人10000円~社会人の場合は入社してから1年~2年まで

が相場のようです。(ここ数年そんなには変わってないですね。

 

まだ、お金の価値の良く分からない赤ちゃん幼稚園児には、

これで絵本でも買ってあげて

と言って図書券をお母さんにあげる。

または、お金ではなくておもちゃやお菓子をあげてもいいですね。

おもちゃ

 

【学年ではなく年齢で決める】

子だくさんのご家庭など兄弟が多いところは、

年齢÷2×(1000)円

または

年齢×(1000)円

というふうに予め決めている人も多いようです。

同学年だからと十把一絡げにされるよりも、年齢そのもので計算してあげたら子供も不公平感がなく納得がいきます。

同じ学年でも早生まれと遅生まれでは歳に差がつきますからね。

 

【子供の数にのある場合の対処法】

家族

例えば子供が3~4人以上いる家庭1人っ子の家庭だと年齢や学年の平均相場での場合、当然あげる額ともらう額の総額に差が出てしまいます。

これは結構悩みの種ではないでしょうか。

 

1人っ子の家庭から3人以上の家庭へ毎年あげるわけですから、しかも親戚が多いとかなりの負担になることもあるでしょう。

 

日本人には「お互い様」という精神が昔から宿っています、意味は【助けたり、助けられたりすること。】です。

相手への負担を考慮して、バランスをとる心遣いが良好な親戚づきあいになるのは間違いありません。

 

あげる額と、もらう額のトータルが同じになるよう相場は無視して臨機応変に対応した方がよいでしょう。

相場はあくまでも平均値です、良好な関係を崩してまでこれに固執する必要はどこにもありません。

 

 

他にも「うちの子が○○ちゃんくらいの時にはこれが重宝したから、良かったら使ってみて

と言ってちょっとしたプレゼントをつけたりして、不公平にならないように工夫してしてもいいですね。

 

調べてみると子供が3人以上の家族はこのように対応する人が多いようです。

中には「お年玉は子供にあげるものだから気にしなくていいのよ

という優しい言葉をもらっている人もいるようです。

心優しい親戚がいてうらやましいなあと思ってしまいました。

 

我が家などある年・・・

お正月に親戚が集まる中で酔っ払った義兄から・・・

 

うちは子供が1人で損するから、○○の子供にはお年玉はあげない。うちもいらないから

 

と言われてしまいました。

 

普段から問題発言の多い義兄ですので、「そうですか、すみません」と聞き流しましたが、寂しいことを言う人だなあと思いました。

 

時にこちらの誠意が伝わらない人もいるものですね。

そんな人の言うことはスルーが一番です(^^)

 

【お爺ちゃん、お婆ちゃんへのお年玉は?】(親戚を含む)

親 お爺ちゃんとお婆ちゃん

新聞を読んでいたら大人になった子供からお年玉をもらって感動したという話が載っていました。

 

親にお年玉!?と驚きましたが調べてみると、お年玉は本来目上のものから目下のものに渡すものですから、

Sponsored Link

昔は一家の当主となった子供が隠居した親にあげるというのはよくあることだったようです。

ただし、「お年玉」ではなく子どもから親へなので「お年賀」という形になります。

 

現代では今までお世話になった親に恩返しとしてお正月に、感謝の気持ちとしてお礼をするという意味合いでしょうか。

これなら、親としての威厳やプライドも傷つきませんし失礼がないですよね。

 

なるほど、我が家もお爺ちゃんお婆ちゃんたちにはお世話になりっぱなしですから、お年賀を渡してみようと思います。

ええ、実は今までは知らなくて「お年玉」として渡してたんです、考えてみたら失礼なことを毎年してたんだなぁと・・・・(反省)

 

でも毎年ニコニコしながら受け取ってくれてたので・・・ ま いっか(^^♪

 

さて人様のお子さんへあげる場合は、わかりましたが自分の子供達にはいくらくらいがいいのでしょう?

我が家の場合ですが、大事な押さえるべきポイントはたった一つです。

 

では、そのポイントを簡単にお話しさせて頂きます。

 

【自分の子供の場合はどうすれば?】

もちろん各家庭によって自由に決めてかまわないということが前提ですが、子供達が不公平感を持たないようにしてあげなければなりません。

こどもはこの不公平感に対し非常に敏感です。

 

我が家は3人の子供達がいます、よその家庭の子供達と同じように思ってるんだよという意味でも、あげる金額はよそ様の子供さんと同額がいいと思います。

ですが先ほどの人数の差のように、バランスを考えた結果額に違いがでてきます。

 

うちはうち!よそはよそ!

 

といった感じの各家庭の教育方針があってももちろんいいと思います、ですが・・・

そのかわり○○へ連れて行ってあげるから

とか

その分○○をみんなに用意してるから

といった感じで平等感を保つために、どこかでバランスをとってあげたらそれだけで子供は大喜びします。

 

子供の頃はどうしても「友だち同士で比較」をしたがるものです。

お正月のたびにその不公平感や残念な気持ちが子供心に植え込まれると、大人になってもその記憶は根強く苦い想い出として残るものです。

もちろん恨み辛みではなく、ほろ苦い笑い話程度のものですが・・・^^;

 

現に私がそうでした(笑)

 

でも子供の頃の記憶って、時間が経てば立つほど歪んで誇張気味になったりすることもあります。

1年に1度の楽しみが、苦い想い出にならない工夫は親としてのちょっとした優しさではないかと思います。

 

親戚同士のバランス子供達同士でのバランスと、お年玉一つで正月から結構たいへんですが、一度方針を決めてしまえば翌年からは悩まなくてすむようになりますよ^^

 

押さえるべきポイントはたった一つ、公平感のバランスをどこかで取ってあげることだと思います。

 

【お年玉はいつまであげる?】

お年玉をあげるのは高校生まで、成人するまで、または大学生までと、親戚間で決めていることも多いようです。

 

すでに子供ではない大学生や社会人にもお年玉をあげるのは、まだお金に苦労しているだろう世代へのちょっとしたお小遣いという感覚でしょうか。

まぁ、あとは「頑張れよ」という応援の意味合いですね。

 

ですから、お年玉をもらえるのは社会人になりたて、せいぜい1,2年生までのようです。

 

それ以降はお年玉をあげる側にならなければいけません。

大人になると大変ですね(^^ゞ

 

Sponsored Link

 

 

まとめ【お年玉は子供達のBIGイベント!】

いかがでしたか?

お年玉の相場は総じて昔からそんなには変わらないような印象を受けました。

もちろん貨幣価値は今と昔では差がありますし物価も昔は安かったですから、お年玉をもらったら凄くリッチな気分に浸っていられました(笑)

使い道もそんなになかったですしね。

 

ですが、時代も変わり今の子供達の周りには魅力的な「物や楽しいこと」で溢れかえっています。

なのでちょっと気が緩むとたちまちお年玉はなくなるでしょう、今の子供達に必要なのはお金を管理する能力だと思います。

これは学校では教えてくれないことですから、教育の一環として親がこのタイミングで教えてあげたらいいのではと思いました。

 

とにかく、子供にとってお正月は1年で一番お金持ちになれるBIGイベントです。

子供

 

なにを買おうかなあとワクワクしたことや、もらったばかりのお年玉を握り締めてようやく欲しかった物を手に入れた幸せは素敵な思い出になるでしょう。

 

大人になるとお正月もお年玉も大変!としか思えないのですが、自分も子供の頃もらったお年玉ですから、これからも子供達に渡していこうと思います(^^)/

 

(本音)

Sponsored Link

※(みんな早く大人になってくれ~・・・・ 頼む~)(>_<)

 

↑コンビニでお気に入りの週刊誌とcomicsを買うとそれだけで1000円近くいきます。それを思うと「Kindle Unlimited」がどんだけお得なのか分かると思います!初回30日間無料です。

 

 

Sponsored Link