Sponsored Link

 

世の中には観てみたいという映画やアニメは沢山ありますが、ぜひ観てもらいたいと思う作品はそうそうないのではないでしょうか?

聲の形』は、当初保守的な漫画出版社などからしてみたら「触らぬ神に祟りなし」的な非常にデリケートな作品ですから一時はビビってお蔵入りしたくらいの作品です。

 

映画『聲の形』がいろいろと凄すぎる

 

 

 

社会派の漫画を世に出して、気取ってみたところで当の出版社の編集部は自分たちが単なる営利目的の漫画屋だということをよく認識しています。

Sponsored Link

所詮編集者はサラリーマンですから

 

むしろ勘違いしているのは漫画家に多いのですが、漫画はしょせん漫画でありたかが漫画、されど漫画・・・。

 

何が言いたいかというと、漫画家が勘違いしていようがいまいが良い作品にはパワーがあり、その影響力は計り知れないという事実。

 

 

私もその影響を受けた一人です(笑)

 

聲の形』は現時点で累計発行部数250万部突破していてまだ読んでいない人でも下の受賞歴を見ればだいたい中身の良さは想像がつくでしょう。

 

賞歴・ノミネート・選出歴

第80回週刊少年マガジン新人漫画賞入選
第38回講談社漫画賞少年部門 ノミネート
2014年度「コミックナタリー大賞」第1位
「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位
「2014年コレ読んで漫画ランキング」4位
「マンガ大賞2015」 3位
第19回手塚治虫文化賞新生賞
「SUGOI JAPAN Award 2016」マンガ部門「SUGOI 20」ノミネート
2016年 YALSA(全米図書館協会)ベスト漫画(グラフィックノベル)10選
『この装丁がすごい!~漫画装丁大賞~2015』【完結賞】
2016年「アイズナー賞 最優秀アジア作品」候補
2016年マンガワ賞 少年の部 受賞

(引用:Wikipedia)

 

まずは予告編で雰囲気を味わってもらいたいです。

 

聴覚の障害者をテーマにした作品なので作る方も今回は非常に慎重をきしたのも当然でしょう。

 

お蔵入りしていた漫画は講談社の法務部および弁護士、さらには全日本ろうあ連盟とも協議を重ね『別冊少年マガジン』に掲載されたという経緯がこの作品のデリケートさを物語っています。

 

この時ろうあ連盟からは、そのまま変に編集の介入なしにオリジナルのまま載せるようにという経緯があったそうです。

 

出版社はこの手のものには、神経を尖らせすぎ事実やオリジナリティを壊してでも載せる傾向が昔からあるので時折、漫画家と揉めます。

 

 

が、今回はろうあ連盟事態がそのまま載せるようにと言う釘を刺した形になったと推察・・・。

 

まぁそのおかげで、読者の心に刺さったのでは?

 

しかし、一時はお蔵入りしていた作品をよくぞ出してくれたと今回ばかりは拍手を送りたいです。

Sponsored Link

 

作品の内容は?

9月17日上映

 

映画『聲の形』の日本語字幕付上映が決定!
この度、映画『聲の形』の日本語字幕付上映を行うことが決定しました。
公開2週目となる9/24(土)~9/30(金)の期間、
全劇場にて1日1回、日本語字幕付上映を実施致します。
9月30日以降の字幕上映に関しては、決定し次第お知らせ致します。

 

  • 原作 :大今良時
  • 監督 :山田尚子
  • 脚本 :吉田玲子
  • キャラクターデザイン:西屋太志
  • 音楽 :牛尾憲輔
  • アニメーション制作 :京都アニメーション

 

 

あらすじ

マンガ版はオリジナル、リメイク、週刊連載版と3種類あるんですが映画ではどのような脚本になっているのかは不明。

 

ただし本筋は変わらないはずなので・・・。

 

「石田将也は小学生の頃、転校してきた聴覚障害者の硝子と出会う。将也はそんな硝子をいじめるのだが、そんなある日、将也がいじめの対象になっていき硝子へしていたいじめの事の重大性に気がつく。が硝子は転校してしまい・・・将也は周りから孤立してしまう。そして5年の時が流れ、再開するのだが・・・」

 

Sponsored Link

 

 

 

違和感を感じる公式ページ

下のリンクから公式ページへ飛んでいってもらえば分かると思いますが、「聴覚障害」というフレーズはおそらく、上のキャラ紹介で載せた西宮硝子のキャラの部分一カ所だけだと思います。

 

あらすじや他の部分でも見かけることはありませんでした(見落としてるかもですが)

 

にしても、ここまで徹底してるとこの映画が伝えようとしているテーマそのものの意義は何なんだ?という疑問を感じました。

 

どうせならもう、映画の中の手話シーンや音声も「ぼかし」や「ピー」音でも入れたらどうなんですか?と言いたいくらいに思った公式ページでした。

 

一体この人達は何に恐れながら作っているんでしょうか?

もしも気を遣うとかという意味であるなら、勘違いも甚だしいです。

※(ちなみに管理人の私の女房は身体障害者です。

 

せっかくのいい話が、しらけないことを祈ります。

 

公式サイトはこちら

 

他の記事↓

 

【君の名は。】新海アニメ最新作、いよいよ8月公開!最新予告動画

アニメ映画『聲の形』がいろいろと凄すぎるので記事にまとめました@

 

 

↑コンビニでお気に入りの週刊誌とcomicsを買うとそれだけで1000円近くいきます。それを思うと「Kindle Unlimited」がどんだけお得なのか分かると思います!初回30日間無料です。

 

 

Sponsored Link