”ファイナルファンタジー14光のお父さん!”もついに残り最終話を残すところまできました。

 

前回はゲーム内で冗談なのか本気なのか分からない父親の「私、病気なんです」の言葉に困惑する光生でしたが・・・

さてその後の展開はどうなったんでしょうか、さっそく見ていきましょう。

 

 

FF14光のお父さん!ドラマ感想レビュー6話、クライマックス!

ストーリーの流れ(ネタバレ注意)

 

光生の勤める会社

 

光生は先輩の袴田に父のことを相談。

袴田はまるで他人ごとのように「やっぱガンとかじゃねぇの?」と答える。

Sponsored Link

 

Sponsored Link

同僚の陽子は自分の親もガンだったと話す、だがそのことは話してくれなかったと・・・

しかも病院の検査報告書を隠していたのを母親が掃除の時に見つけてしまったことなどもあったと。

 

治療にお金も掛かるし気を遣ったのかもと話す。

 

袴田は父親の遺品を整理中にエロ本を発見して処理に困ったと話す。

 

自宅にて

夕飯を食べ残し父親(博太郎)はジョギングに出て行く。

その隙に光生は父の部屋を探ることに・・・。

 

引き出しとか探っていると、怪しい本を見つける。

袴田が言っていた”エロ本”という言葉が頭をよぎりおどおどしてしまう・・・。

 

が、意を決して本を開いてみる! その本は・・・・実は

 

父の情熱

その本の中身は、ファイナルファンタジー14の攻略本だった。

ビッシリ付箋やメモなどが書き込まれていて、かなりゲームのことを勉強し努力したらしいことが分かる。

微笑む光生

 

ゲームも佳境に

今日のゲームもいつもと変わらない父親だったので、あのことはやはり冗談だったんだろうと少し安心する光生。

 

会社

袴田はニューヨークへ転勤することになり、お得意様の引き継ぎを昭夫に任せることになる。

光生は自分が担当するお得意様の社員と顔合わせし、社を案内される。

 

 

社員は新人担当の光生に先輩風を吹かせるが、自分の所の社長(大野)と光生が知り合いだと知ると態度が変わるw

 

光生もここの社長が大野だと始めて知る。

 

 

大野社長はすでに父親から病気のことは聞いているものだと思い込み話してしまう。

しかし!

光生の表情から博太郎が息子にはまだ話していなかったことを悟る。

Sponsored Link

 

 

ゲーム内

光生は早く家へ帰って父に病気のことを聞きたかったが、この日は会社に遅くまで残らなければならない日だったため会社からゲーム内にログインし父に会うことに。

 

 

光生は自分を責めます。

自分の父親が病気なのにゲームなんてしてる場合じゃなかったんだと・・・。

もっと他にやるべきことがあったんじゃないかと・・・。

 

そして光生は父に思い切って突っ込んで質問してみます。

 

 

光生)病気でお仕事をやめたとおっしゃっていましたが

光生)大丈夫なのですか?

 

博太郎)・・・!

博太郎は思いきって打ち明けます。

 

博太郎)正直、大丈夫じゃないです。

博太郎)医者には手術を勧められました

 

光生)手術はしたんですか?

 

もちろん一緒に住んでいるのですから、していないことは知っています。

その理由を知りたかったんですが、光生はこれ以上聞きたくなかったんでしょう、パソコンを閉じようとします。

その時・・・

博太郎はつづけて本音を語り始めます。

 

  • 病気で会社を辞めざるをなかったこと。
  • 会社(仕事)が全てだったこと。
  • その全てを失ってしまい生きる意味を無くし、暗闇だったこと。

 

しかし、このファイナルファンタジー14の世界で素晴らしい仲間が出来、こんなにも楽しい世界があったんだという発見。

つまりこのゲームのおかげで勇気がわいてきたこと。

 

など・・・

 

自宅

光生は自宅に帰るなり母からお父さんが病気だったことを聞かされる。

 

「父さんは今までたくさん強い敵を倒してきたんだ、病気にだって勝てる!」と自分に言い聞かせる光生。

 

 

まとめ

ついに次回は最終回です。

 

7話だとあっという間ですね、次の最終回は当然光生は自分の正体を明かすはずです。

そのときの博太郎の反応は・・・

 

う~んここであれこれ詮索するより、最終回を待ちましょうか(笑)

 

 

FF14光のお父さんドラマ感想レビュー1話目(大杉漣、千葉雄大)

 

 

↑コンビニでお気に入りの週刊誌とcomicsを買うとそれだけで1000円近くいきます。それを思うと「Kindle Unlimited」がどんだけお得なのか分かると思います!初回30日間無料です。

 

 

Sponsored Link