• 「英語が話せるようになりたい!」
  • 「外国人の友達を作りたい!」

などの理由で、英会話学校への入学を考える方は多いと思います。しかし、実際学校に申し込むまでには、

  • 英会話学校の内容ってどんな感じ?
  • 短期間でも英語力は上がる?
  • 費用はどれくらいかかる?

という疑問や不安があって、なかなか一歩踏み出せない人も多いと思います。

 

私も以前から興味はありましたが、なかなか実行できずにいました。

しかし、タイで安く経験できると聞いて、思い切って試してみることにしたんです。

そこで私の実経験をもとに、短期間語学学校に通った結果や、かかった費用をお伝えしたいと思います。

 

「英会話学校」短期で2週間経験した結果と費用は?(タイ・チェンマイ編)

 

結果と感想から言いますと・・・

 

「劇的な変化はない」です。

当たり前の話ですが、2週間程度で英語が話せるようになるなら、みんな通っていますよね。

 

ただ、気持ちの面も含めて小さな変化はあったので、後ほど詳しく書いていきます。

 

【語学学校について(英語)】

【学校情報】

私が選んだのは、タイ・チェンマイにあるNES Language Schoolという学校です。

 

チェンマイ内に複数教室があり、割と有名なところのようです。

また、チェンマイにはYMCAというこれまた有名な学校もあります。

私はどちらも直接話を聞いた上で、滞在先から近いNESへ通うことに決めました。

 

授業はグループレッスンと、プライベートレッスン2種類があります。

最初はプライベートレッスンにしようと思っていましたが、初心者には少しレベルが高そうだったので、今回はグループレッスンを選びました。

 

まず最初に簡単なテストを受けて、どのレベルのクラスに入るかを確認します。

(ちなみに私は真ん中ぐらいのレベルでした。)

 

その日のうちにテストと支払いを済ませて、手続き終了です。かなりあっさりですね。

 

【授業内容】

基本的にはテキストがあり、それに沿って進めていくスタイルです。

ただし、先生が毎日のように入れ替わるので、内容に差はあります

 

きっちりテキスト通りに進めていくタイプの先生もいれば、会話中心に進めるタイプの先生もおり、バラエティ豊かでした。

 

また先生達の出身国が、イギリス、アメリカ、カナダ、フランスなど様々なので、アクセントや言い方の違いなども学べて、毎回面白かったです。

 

生徒は少ない時で5人、多い時で12人程でした。大人数だとワイワイしていて、良く言えば賑やかなのですが、1人当たりの話す時間は圧倒的に少ないです。

 

個人的には少人数の方が落ち着いていて好みでした。

 

アジア圏の生徒が多く、中国、韓国、台湾などからもたくさん学びに来ていました。

日本人も何人かはいましたが、やはり中国人が断トツで多かったですね。

 

【入学してからの変化】

授業初日は、先生の話していることがさっぱり分からず、「これはついていけないかも・・・」と不安になっていました。

 

あまりの英語力のなさに情けなくなり、その日からリスニング用の聞き流しや、アプリでできる問題集を慌ててやり始めたほどです。

 

その効果と慣れもあってか、徐々に授業の内容も理解できるようになり、他の生徒たちとの英会話も楽しめるようになってきました。

 

また、同じクラスの子に誘われて、2ランゲージエクスチェンジに参加してみました。

様々な国の人が集まって、学びたい言語をお互い教え合う、というものですね。

 

私が参加したのは、お酒を飲みながらひたすらお喋りを楽しむ、というゆるい雰囲気のものでしたが、とても楽しめたので良かったです。

 

今までだったら、怖くてとても参加出来なかったでしょうが、語学学校に行ったことで少し自信を持てるようになったのだと思います。

 

【結果】

冒頭でもお伝えしましたが、「この短期間で英語力が劇的に上がった!」ということは全くありません。

ただし、英語を勉強する上で大切な、

  • 自分のレベルを知ること
  • 苦手分野を知ること
  • 英語に対する苦手意識をなくすこと

という3つのことを学び、実践できたのはとても大きいと思います。

 

自分のレベルについて言うと、私は高校生くらいまでは、割と英語が得意だったんです。

ただ今回テストや授業を受けてみると、文法が無茶苦茶で、習ったはずのことも完全に忘れ去っていました

 

そんな人がいきなり上級者向けの勉強をしても、無意味ですよね。

基礎の中学生レベルからきっちり学び直す必要があります。

 

また苦手分野を知ることも、自分の勉強方法に関わってくるので重要です。

リスニングが弱いのか、ボキャブラリーが無いのか、発音が不得意なのかなど、授業を受けていると、自然と自分で気付くようになりますよ。

 

そして1番大切なのは、英語への苦手意識をなくすことだと思います。

 

上手く発音できないから英語を話すのが恥ずかしい!という気持ちはよく分かりますが、それは当たり前のことなので、気にしなくても良いと思います。

 

同じクラスの人達も訛りやクセのある英語でしたが、みんな堂々と話していたので不思議とちゃんと通じることが多く、驚いたくらいでした。

 

まずは話すことに慣れる、慣れたら精度を上げていく、というスタンスでいきましょう!

 

【費用について】

私が選んだのは1番少ない20時間のコースでしたが、行った時期がちょうどプロモーション中だったので、プラス10時間が無料で追加できてラッキーでした。

 

よって、トータル30時間の費用は、4,200THB14,335円)です!

テキストは毎回授業で配られるので、上記以外にかかった費用はありません。

 

NES1つの授業が2時間制で、1日にどれだけ受けるかは自分で決められます。

私は1日に1つずつ受けていたので、全部で15日間通いました。

 

計算すると、1日あたり約955ということになりますね。

この価格ならば、とりあえず様子見として、試してみやすいのではないでしょうか。

 

もし良いと思ったら、他のコースを取って延長することもできますし、レベルが合わなければ別のクラスにうつることも可能なようです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

実際行ってみるまでは私も不安を感じていましたが、英語に対する苦手意識は少し薄れたように思います。

また、様々な国の人と話すことで、それぞれの考えや意見を知ることができるというのは自分のためにもなりますよね。

 

英会話語学学校に行ってみたい!という方のお役に少しでも立てれば幸いです。

 

(記事:segamimo)

社内公用語英語化はあなたの会社にも?女性限定・初心者専門の英会話スクール

↑無料体験できます。

 

 

コチラの記事もよく読まれています↓

<韓国語勉強法は独学で!7年の韓国生活から学んだ5つのコツとは?

 

Sponsored Link