Sponsored Link

Amazon

人気ゲームシリーズ原作の SF ファンタジー漫画を恋愛要素もたっぷりと東まゆみ先生が、美麗にコミカルに描く「スターオーシャンセカンドストーリー」

 

自身の境遇に悩む青年クロードと、自身の出生の謎を知りたい少女レナの星の海を越えた運命の出会いと成長の物語です。

 

数々の個性豊かなキャラクター達が織りなす、宇宙を巻き込んだスケールの大きなお話となっておりますが、所謂「お家騒動」と言うもので残念ながら本作は原作の半分ほどまでの途中完結となっています。

Sponsored Link

 

それでも絶大な人気があるのにはそれなりの魅力があるからでしょう。

そんなスターオーシャンセカンドストーリーの魅力が少しでも伝わればと2巻分づつに別けて、できるだけわかりやすく完結まで紹介していきたいと思います。

 

スターオーシャンセカンドストーリーあらすじとネタバレ(1~2巻)

 

スターオーシャンセカンドストーリー一巻のあらすじ!出会いと旅立ち

運命の出会い

地球所属の銀河連邦の若き少尉、クロード・C・ケニー。

惑星調査のために自身の父であり、この大型宇宙船の提督ロニキス・J・ケニーの船で惑星ミロキニアへ向かっています。

 

しかし、それは彼にとって望ましい環境ではありません。

ミロキニアへついても、どこへいてもクロードは【提督の息子】としか見られず疲弊しています。

 

そんななか、同惑星に存在するドーム状の巨大な施設に入るスイッチを見つけても注意を受けてしまいます。

それに益々、父や周りへの反発心が増す一方です。

 

いざ、中に入るとロニキスは「戦闘になったら迷わず使うように」とフェイズガンを託します。

探査中に未知の装置を見つけた彼は、周囲の制止を振り切って近づいてしまうのです。

 

そうして、未開発惑星エクスペルの神護の森へと飛ばされてしまいます。持っていた通信機など当然、役になど立ちません。途方にくれていたところに少女が魔物に襲われており、それをフェイズガンで助けてしまうのです。

 

それが、彼と少女レナ・ランフォードとの運命の出会いです。

 

レナは自分の村、アーリアの自宅に招き入れて母のウェスタからクロードは盛大な歓迎を受けます。

たくさんの食べきれないほどの料理が並びます。

食べ過ぎたクロードが客室で休憩していると、階下では村長のレジスとウェスタがレナからクロードが【伝説の勇者】であると聞かされていました。

 

心のすれ違い

村長からどこから来たのか問われるとうまく答えられないクロード。

それに対して「あなたが異世界から来た勇者」だからではないかというのです。

驚愕し、否定するクロード。しかし、アーリア村の古い伝承にある通り…

 

異国の服をまとい、閃光を放つフェイズガンを携えています。

おまけにここ、エクスペルは脅威に脅かされています。

 

三ヶ月前にエル大陸に落ちた魔の石【ソーサリーグローブ】により、起こっている天変地異。魔物の凶暴化…

全ての状況がクロードにとって不利でした。

それでも、帰りたいだけでこの星を救える力などないと訴え続けるクロード。

伝説の勇者だと信じて疑わなかったレナは大きなショックを受けて家を飛び出してしまいます。

そんな時、サルバへ村長の使いに行ったクロードは言い知れぬ違和感を感じます。

 

急いで村に戻ると、ウェスタがレナが幼馴染みのアレンに連れていかれたと告げるのです。

 

変わり果てた幼馴染み

神護の森にてクロードのことで罪悪感に襲われていたレナ。

すると、幼馴染みのアレンが現れてレナを強引に自身の屋敷へと連れていこうとします。

しかし、ウェスタがそれを必死に防ごうとはするのですが大人しい筈のアレンが変貌してしまいます。

人間場馴れした力でねじ伏せようとしたところ、レナが堪らずついていくことを了承したのです。

 

それを聞き、アレンの屋敷へと着いたクロード立ちふさがるゴロツキ達にフェイズガンを突き付けてドアを吹き飛ばしてしまいます。

浸入した屋敷のなかでレナの手がかりを見つけ、地下へと続く鉱山を進みます。

 

鉱山から発見した石の力を用いて、生まれ変わったというアレン。

アレンはずっとレナに恋心を抱いていました。それが石により解き放たれて強引にひとつになろうというのです。

 

助けに来たクロードは襲いかかる魔物と化したアレンと交戦しようしますがフェイズガンはもう使えません。不馴れな剣で戦うも負傷してしまいます。

 

しかし、レナの特殊な治癒魔法で傷が癒えていきました。

 

レナはアレンの持つ石を狙うように言うと、石が破壊された途端にアレンも意識が途絶えてもとに戻り、その場に倒れこんでしまいます。

 

レナの出生の秘密と旅の始まり

意識を取り戻したアレンには記憶がありませんでした。

 

村へとレナと共に戻ったクロードはアレンの変貌に疑問を抱き、自身の元の世界への帰還の手がかりにもなるかもしれないと【ソーサリーグローブ】の調査をかってでたのです。

 

旅立ちの前夜、村長にレナの回復術について聞くとこの地でもないものだということが判明します。

そして、レナもウェスタの本当の子供ではないのです。

彼女は神護の森で子供に恵まれないウェスタ夫婦に拾われます。唯一の手がかりは彼女の持つペンダントのみでした。

そんな大事なことをクロードに話すと村長はレナの力になり、旅についていきたいといったら連れていってほしいといいます。

 

橋の上で考え事をしているクロードの元にレナが現れてやはり連れていってほしいというのです。

 

彼女はクロードが勇者ではなくてもいい、それにレナ自身にとっても重要なことがまっている気がすると告げます。

そして、二人はアレン達に送られてクロス王国へと旅立ちます。

 

クロス王国と不思議な紋章術師

エル大陸に渡るためにクロス王に謁見をする二人。

王の口からは劣勢がみてとれます。それでも行くという二人に王は許可証と支援を惜しみません。

それに、どうやらクロードは王の知り合いによく似ているそうです。

 

謁見を終えた後、港町クリクへ向かうようにと言われた二人が城下町に差し掛かったところ…

大勢の人だかりの中に以前見たゴロツキ達と用心棒を探しているという女性紋章術師がいました。

 

しつこく絡んでくるゴロツキ達を彼女は手早く術で退けるとクロード達の元へと向かい、彼等にクロス洞穴へのトレジャーハント用心棒依頼するのです。

断りますが、言葉巧みに二人はアレンクロス洞穴へといくこととなります。

 

一流のトレジャーハンターだという女性紋章術師の名はセリーヌ・ジュレス。

とても強いので用心棒がいらないように思われましたが彼女は大の虫嫌いで昆虫がたくさんいる洞穴へは心細かったのです。

そんなセリーヌを責めることなく、二人はクロス洞穴を攻略しようとするのでした。

 

スターオーシャンセカンドストーリー二巻のあらすじ!ロマンスと災い

クロス洞穴攻略!

クロス洞穴を進む三人。

 

行きどまりが続くが、地図上では一本通っていない道があります。

ふと、石に腰かけたセリーヌはそれが倒れて横穴に落ちてしまいます。

すると、古い神殿の場所へと辿り着きました。

 

財宝を見つけたセリーヌはそれを手に取りますが、石造型のモンスターのガーゴイルがいました。

石みたいに硬いそれは剣でも歯が立ちません。しかし、より強力なセリーヌの紋章術なら倒せるかもしれません。

Sponsored Link

ただ、詠唱がとても長いのです。二人はガーゴイルを引き付けてセリーヌを守りながら戦います。

そして、レイを唱え終えたセリーヌは見事ガーゴイルを退けることに成功しました。

 

肝心の財宝は古文書でしたが古すぎて解読することはできません。

クロス洞穴を出た二人と、半ば強引に仲間に加わったセリーヌはクリクに向かう前にクロスで旅支度をするためクロスへと戻るのです。

 

セリーヌの初恋

クロスへと戻り、レストランでセリーヌにご馳走になる二人。

 

クロードが席を立った時にセリーヌは間髪入れずに、クロードの事をどう思っているのかなど核心に迫った事を聞いていました。

そうしていると、何やらもめている声が聞こえてきます。

どう見てもクロードです。

何とか助け出して事なきをえると…戻った”本物”のクロードと鉢合わせてしまいます。

 

クロードと瓜二つの青年はクリスと名乗りました。

レストランで無銭飲食をしかけてしまったところをセリーヌに助けられたのです。

 

すると、周囲の女性達の噂話が聞こえてきます。

 

ここ、クロス王国の王子とラクール王国の姫が結婚するというものでしたが、肝心の王子が行方不明とのこと。

気が付くと、クリスは礼を記したメモを残して姿を消していました。

 

体調不良と陥ったクロードをレナの叔母の経営する宿に置いて、二人は買い物へと出向かざるをえなくなります。

先に店を出ていたセリーヌの前に偶然を装ったクリスが現れ、セリーヌだけに昨日のお礼をさせてほしいといいます。

クレープを食べたり、買い物をしたり…それからも二人はデートを重ねていき、次第に心惹かれていきます。

 

しかし、クリスの本当の正体はクロス王国の王子であるクロウザー・T・クロス。

ラクールの姫と結婚するという運命にあるのです。

そして、兵士達に連れていかれた彼を追えないセリーヌにレナが背中を押して鐘の鳴り響く教会に乗り込んで無事に二人の愛は結ばれるのでした。

 

予言者の言葉

港町クリクへと辿り着いた三人。船築羽へと行く前にとある子供とぶつかります。

 

エル大陸行きの船を出してもらえるように船長にクロス王からの通行証を渡す一行。

出港までは時間がありますので暫く街を歩きます。

ホットドックを食べに寄ると、そこで初めて財布を先ほどの少年、ケティルにすられていたことに気づきます。

 

船長曰く、ケティルは旅行者をカモにしているクリクでは有名な悪ガキだそうです。

ケティルを見つけて問いただしたところ、ケティルは船乗りになりたいという夢をもっていますが母に反対されています。

そこで一人前になれるようにと彼なりに奮闘していたのです。

 

しかし、その方法は間違っているとクロードは困っている人を助けることの方が良いと言ってクリクの道案内を頼むのでした。

 

ケティルに案内されて通った噴水広場でとある予言者の言葉にクロードの心は釘付けになります。

 

「クリクは間もなく災いに飲み込まれます…」

 

泣いて訴えますが…そんな突拍子もないことを当然、誰も信じようなどとしません。

その場を去った一行は船長のところにケティルを連れていき、頭を下げさせて反省をさせます。

すると、船長は許してくれて甲板からの綺麗な夕日をクロードとケティルに見せてくれました。

 

ケティルと別れて暫くしてから、大きな地震が起きます。

 

飲み込まれた街

ケティルの無事を確認した後、それからすぐ海から大きな津波がやってきて港町クリクは本当に”災い”に飲み込まれてしまいます。

海から這い上がってきた船長曰く、エル大陸へ行くには港町ハーリーからラクール大陸に渡るようにと言われました。

 

その夜、ハーリーへ向かう前にマーズという村に立ち寄ることを提案するセリーヌ。

野宿で久しぶりのキャンプ気分を味わうレナ。

ふと、アーリア村の幼馴染の少年を思い出します。

少年の名はディアスで兄のように慕っていたのでした。

 

マーズ村では、すでに異変が起きようとしています。

 

マーズの異変とレナの幼馴染との再会

マーズ村についた一行。人の気配が全くありません。

 

とある民家へとそそくさと向かうセ リーヌは集まっている村人たちを発見します。

焦るクロード達を他所にこのマーズ村こそ、紋章術師の里であり、セリーヌの故郷であります。

 

集まっていたのは、村の子供たちが山賊に誘拐されたということでした。

結界が張り巡らされているはずの紋章の森から、村人が恐ろしい伝言を持ってきたのです。

 

「子供を返してほしければ、50万フォルと密印の書というものをもってこい」

 

それに大変胸を痛めていた村人は偶然に通りかかった名のある剣豪ディアスに助っ人を頼んでいたのです。

その剣豪こそアーリア村出身のレナの仲の良かったディアス…

レナは再会を大変喜びます。が、面白くないのはクロード。

それに傲慢だと言われたセリーヌも。

 

宿屋で休息をとっているとレナからディアスを仲間にいれてほしいと言われますが、クロードは「彼は一人で良いといったじゃないか」と、拒絶。

 

そのことでクロードとレナは仲違いをしてしまいます。

 

別々の二人

ディアスの元へとやってきたレナですが、闇を抱えているディアスの心を開かせることは容易なことではありません。

とても深いものなのです。

少しでも、とクロードに提案しようとしても聞く耳すらもってくれませんでした。

 

そして、クロードとセリーヌそれにディアスとレナはそれぞれ別々に行動を起こすこととなります。

翌早朝、誰もいないうちに出発したディアス・レナ組。

山賊相手にディアスは一歩も引かずにむしろ余裕がありあまるほどです。

 

一方のクロード・セリーヌ組は遅れをとってしまいます。

レナ達より遅れて村人に見送られながらやっと出発します。

けれど、あんなことをいってもクロードはレナの事が気になって仕方ないのです。

それはレナも同じです。

 

暫くすると、山小屋にて子供達を発見します。

警備が手薄なのを怪しむディアス。

そこに、敵が現れますが一撃で蹴散らしてしまいます。

 

しかし、敵によるとこの誘拐騒ぎは囮で、本当の目的は紋章術師の全滅と密印の書を手に入れること。

それを聞いて慌てるレナ。

 

その頃、伝言を持ってきた村人と遭遇したクロード達はレナとディアスが子供達を助けたと聞かされます。

しかし、これこそが二人に対する罠でした。

 

第一巻から第二巻までの感想

第一巻はクロードの境遇とレナとの出会いから旅立ちまでが描かれています。

実は、始めの方のレナの髪型が少し変わっています。

レナもですが、後から登場するセリーヌも衣服が原作ゲームより大幅にアレンジされております。

 

筆者はこちらのアレンジが好きです。こういう細かい発見や原作との違いを探すのも面白いかもしれません。

第三巻以降は、また人気のある登場キャラクターも多く加わり、この東まゆみ先生の星の海の世界観に一気にのめりこめるでしょう。

これ以降も目が離せない展開となっております。どうぞご期待下さい。

 

 

↑コンビニでお気に入りの週刊誌とcomicsを買うとそれだけで1000円近くいきます。それを思うと「Kindle Unlimited」がどんだけお得なのか分かると思います!初回30日間無料です。

 

 

Sponsored Link