Sponsored Link

石化状態から、千空(せんくう)のおかげで生身の人間に戻った大樹(たいじゅ)と杠(ゆずりは)。

脅威の身体能力を持ち、カリスマ性を持つ「師子王司(ししおう・つかさ)」をある事情から石化から戻した千空でしたが、

「純粋な若者だけ復活させ、自然と共に生きていく、人類を浄化するチャンス」と司は考え、「科学の力で全人類もれなく助ける」という千空。

 

そして司は「石の世界を浄化」と石化した人間を破壊していく。

それを止める為に、千空達、三人は箱根へ向かい・・サイエンス・サバイバルストーリー「Dr.STONE」Boichi先生が描く、ド迫力のマンガです!

では、箱根に着いた千空達の足取りを追ってみましょう。

<とりあえずBookliveで立ち読みしてみる>

 

「Dr.STONE」2巻あらすじとネタバレと感想!ゼロから文明を創る!

科学文明に一番重要なもの「炭酸カルシウム」今「硫黄」を手にした千空

科学の力

「硫黄」を手にした千空クッキング「火薬をつくろう!!」

1、温泉で採り放題の硫黄10% 2、木炭15% 3、洞窟の硝酸カリ75%

三人で力をあわせできた「火薬」司を殺す為に作ったのではなく、取り引きをするために作ったのです。

司がこの取り引きにのってこなければ、最後は戦うしかないと覚悟を決める三人でした。

実験は成功しました。「火薬」の完成です。(手違いで爆発させてしまったんですがw)

 

火薬の爆発で、煙をあげてしまった千空達ですが別の場所で「狼煙(のろし)」が上がったのです!!”全人類 石化したはずの地球に誰かがいる!狼煙をあげ合図を送れ”

三人は急いで「狼煙」をあげます。

吉とでるか凶とでるか、賭けでした。

 

司は千空達の後を追います。

「炭酸カルシウムが4つの鍵になる」と言った千空でした。

1、農業(土のレベルアップ)

2、セメント(家が建つ)

3、石鹸(ばい菌を浄化する) 

4は・・・

 

火薬の量産材料と司は気づきました。

司は「千空が火薬を完成させていたら・・・」千空は「司が取り引きにのってこなければ・・・」

二人の答えは『殺すしかない!!』と一致していました。

 

人質に取られた「杠」司の出す交換条件とは?

偶然にも杠が司に見つかり、杠の喉元に司は石剣を突き立てます。

「もし科学兵器を作り、旧世代を甦らせれば、たちまち汚れた世界へ逆戻りだ」と司。

「で、その為に科学マンの千空を殺しておかねぇとって事かい」と千空が言います。

杠の髪を強くひっぱり司は「うん。でも君には友がこうしている・俺にはいない。俺の勝ちだ。千空!!石化復活液のレシピを教えろ」とばっさり杠の長い髪を切り落としました。
 

その時、杠は!?

石剣を自分の頸動脈にあて「教えちゃダメ。千空君。私は大丈夫、でも千空君はみんなの未来の為に絶対死んじゃいけないんだから」と杠は死ぬつもりです。

 

「復活液は・・硝酸とアルコールの混合液だ」千空は言います。

司はまだ千空に要求します。

「今、ここで永遠に誓ってくれ。人類の科学文明をここで止めると、そうすれば、俺は君を殺さなくてすむ」と。

 

「無理だな」司は千空の首の骨をゴッキと折りました。

 

三人で闘って司の殺人を止める!!固く誓った約束

「狼煙」の木を拾いに行っていた大樹は、杠の悲鳴を聞きつけ辿り着くと、そこには息耐えた千空がいました。

大樹と杠はアイコンタクトと取り、大樹は岩を空高く投げ、司の気を反らした瞬間に杠が、火薬の入った土器を投げつけ司の目の前で爆発しました!

その時、大樹は千空の遺体を抱き、杠と姿を消すのでした。

 

「命を託された親友」大樹と杠との誓い!

大樹と千空は幼い頃から、兄弟の様に育ちました。

 

千空が「変人」と虐められると、大樹は「俺を殴ってもいいから千空をバカにするな!」と殴られ役です。

そうしながら二人の友情は深まって成長していったのです。

 

千空は「夢」がありました。「宇宙へ行く

 

そして小さなロケットを開発し、初飛行の日に杠が「千空・大樹・杠」の小さな人形を作ってくれたのです。

千空はロケットに3人の人形をのせ発射させます!!

Sponsored Link

 

ロケットは途中爆破し失敗かと思われた時、杠の作った三体の人形が宇宙を漂っていたのです!!

「三人でいつか宇宙へ」それがいつしか千空・三人の夢になっていました。

 

友情が救った千空の命

幼い頃から一緒だった千空と大樹。性格から趣味から癖まで知り尽くしていました。

杠は思い出しました「千空君・・あの時、司君に首を折る様に、挑発していたみたいだった」・そして大樹は、目覚めてから千空が首をゴッギ・ゴッキ鳴らしていた事を思いだし

「あいつは、昔、首を鳴らしたりしなかった!!」千空の首すじをみると、一部石化された頸椎部分を発見しました!

 

「目を覚ませ!!千空」と首に石化溶解液をかけます。

頸椎の石は溶け、二人は千空が目覚めてくれる事を祈ります!!

・・溶解液は石を溶かすだけでなく、損傷した傷まで癒す効果を秘めていたのです。

千空は、生還しました!!

千空のストーンワールド・ザ・ビギニング~胸に刻んだE=mc² ~

石化して3700年、始めて石化から生還した、人類初の男「千空」でした。

周囲を見回すとそこは「石器時代」ジャングルの様に草木が覆い茂り、石化された人間の一部にはキノコが生えていました。

 

石化が溶けた状態は「まる裸」の状態です。

千空は「石器時代」古代人がやったように、食糧の捕獲。

 

火をおこし、鹿の皮をなめし服を着て、「千空研究所」という家も作りました。

そして「石化状態の大樹」の石工を運び「考え・考え・考えた」あらゆる実験も全て楽した。

落ち込みそうな時、アインシュタインの「E=mc²」=エネルギーとブツは等価交換:科学の基礎です。

 

千空は指を噛み「血文字」で胸に書きました。「E=mc²」と!!

大樹に「試し・試し・ありとあらゆる物」を、泣き叫びながら続けたのです!!

 

 

と。

 

「頼む!!起きてくれ。お前がいないと駄目なんだーー!!」と泣き叫ぶ大樹。

二人は固い友情で結ばれていました。

 

石化時代で革命が起こす?!千空VS司

千空が目覚め、大喜びする大樹と杠!!しかし大きな問題が山積みです。

 

司に石化溶解液の作り方・硝酸の洞窟・全て抑えられたワケです。

そこで千空は「狼煙をあげた謎の人類」と手を組み「抵抗軍」を作ると言います。

 

その為に「大樹・杠」は司の仲間になり動きを探る事となりました。

 

それぞれ旅立つ三人!!

千空は「謎の人類」を探しに。大樹達は司の動向を探りに。千空は旅立ちます!!

崖の上から、大樹は遠くなる千空の姿を見て「千空ーーー!!」と叫びました。

千空は、大きく握りこぶしを高くあげる大樹の姿を見て、千空は杠が作ってくれたロケットの印の旗を大きく振りかざすのでした。

 

 

「Dr.STONE」2巻の感想

原始時代と科学の融合のストーリー

現代科学の知識は、深いなぁ~と読んでいて感じます。

我々がこうして生きている事さえ進歩した科学のおかげです。

一見何もない「原始時代」の様な世界から、石鹸や火薬やら作れる千空の知識と科学の奥深さ=「科学の力」に驚かされます。

 

ここまでの内容は「序章」にすぎません。

これから司の「人類浄化計画」をはばみ、そして「科学の力」で対抗していく千空達です。

 

この石化時代の原住民達は、どういった経路で生き残ったのか?

そしてあの「光線」の意図する「石化計画」の秘密とは?これから、ますますヒートする「Dr.STONE」
目が離せませんね。

 

司が殺そうとした「石器時代の原住民」=少女コハクの存在も、これからのストーリーに大きく係わってくる重要人物です。

 

マンガを読みながら「科学」の勉強もできる事は「一石二鳥」ですね^^

では・・またお会いできる事、楽しみに。。

 

(画像出典Amazon Kindle、記事:kerorin)

「Dr.STONE 」1巻、漫画ネタバレと感想!!ゼロから文明を創るとは?!

Sponsored Link

<とりあえずBookliveで立ち読みしてみる>

 

 

 

↑コンビニでお気に入りの週刊誌とcomicsを買うとそれだけで1000円近くいきます。それを思うと「Kindle Unlimited」がどんだけお得なのか分かると思います!初回30日間無料です。

 

 

Sponsored Link