イラスト

漫画でもイラストでも上達する最短の方法は、コツを掴んで描きまくる!これしか手はありません。

 

ではどうやったらコツを掴めるのか?

これも一言でいえば、描いて描いて描きまくるしかないんですが、やはり先輩方の絵をしっかり分析し研究しマネをすることから入ると、わりとスムースに上達していきます。

Sponsored Link

 

なぜなら先輩達は先輩達で、もの凄い研究と作画量をこなし、そこまで到達したのですから。

その答えが絵に全て表現されていますから、盗もうと思えばいくらでも盗めるんです。

 

 

【漫画の描き方 人物編】キャラを描いてみよう!クリスタとフォトショ

上の女の子をクリップスタジオで、描いていきたいとおもいます。

まずは動画をご覧下さい▼

済みません(>_<) 動画削除されました・・・(^_^;

 

  • 使用ソフト:クリップスタジオEX
  • 画像解像度:350(カラー用)
  • キャンバス:カスタム、14.8 /17.01

 

キャラを描く

実は最初色を塗るつもりだったんですが、途中から考えが変わりいろ塗りはやめてトーン処理に切り替えました。

なので本来ならばモノクロは600で描くんですが、350で描いてしまったわけです。

 

まぁ、トーンが粗くなる以外は問題はないので続行しました(^_^;

 

 

さて、まずは下描きですが下描きで重要なことはなんでしょうか?

 

下描き

そう、細かいところは一切無視! イメージした全体像をザックリ書いていくことです。

それこそ○描いてサッサ~、○描いてササ~と軽く軽くバランスを意識しながら描くことです。

いきなり目を細かく描いたりしちゃだめです。

 

おおざっぱに位置決めする感じで十分です。

 

慣れないうちは、何枚もレイヤーを足して下描きを理想の絵に近づけていきましょう。

 

下描き2

 

仕事では私はコミックスタジオを使っているので、ややクリスタではインターフェースやショートカットが違うのでアタフタしてしまいます(^_^;

 

それがいやで、コミスタフォトショップCS2は手放せない相棒なんですが、これから始めようという初心者さんは、クリップスタジオEXから入ることをおすすめします。

 

最初に慣れちゃえば、クリップスタジオEXは素晴らしいソフトです。(別にClipの回し者じゃないですよw)

ネームから仕上げまで、またKindleにもこのソフト1本あればこなせます。

 

丸みの秘密

今回ワンカットなので、かわいく描こうと3頭身にしました。

基本幼児体型は可愛さが増します。

大人の女性子供の違いを簡単に表現するには、以下の事が分かれば簡単です▼

 

  • 頭の大きさ
  • 耳の位置
  • 眼の大きさ
  • 鼻の描写
  • 眼の位置
  • 唇の描写
  • 輪郭の丸み
  • 手先とつま先の描写
  • シンプルさ

 

もっと詳しく!

頭の大きさ:「身体に対して大きくなればなるほど子供になっていく。可愛さも増す。」

耳の位置:「大人は眼のラインに位置する。眼のラインより下に下げると子供っぽくなっていく。」

眼の大きさ:「実は眼の大きさは大人ほど小さくなるが、「瞳」の大きさは子供も大人も同じ。つまり身体の小さい子供や赤ちゃんほど、顔自体の大きさに対して瞳が大きく見えるためかわいく見える。」

鼻の描写:鼻の穴は少女漫画ではギャグ以外はタブー的描写。しかし、若い女性で鼻の穴をしっかり描いても、かわいく見せたのは江口寿史先生が最初だと言われている。(相当研究したようです)

唇の描写:「唇の輪郭と艶を表現すると途端に、色っぽい女性になる。単純化すれば幼く見える。」

Sponsored Link

輪郭の丸み:「顔や身体のラインが、柔らかい丸みをおびた線で描くと、女性らしさ、女の子らしさが増す。故手塚治虫先生が非常に上手かった。」

手先とつま先の描写:「若干小さめに描くと幼さが増す。また1本1本しっかり指を描くとそれだけ線が複雑になるので、劇画調になっていくということ。」

シンプルさ:「劇画調に線が増えれば増えるほど、リアルさが増すので幼さも消えていく。どれだけ省けるか試してみよう。

 

 

輪郭の丸み補足

全世界共通の愛されるキャラというのは、輪郭に丸みが必ずあります。

 

ゴツゴツ尖ったキャラで人気なのは・・・思い当たりませんが、丸っこいキャラならいくらでもいますよね。

そう、ドラえもんとか、となりのトトロとか、ハイジとか、フランダースの犬など、世界中の子供に人気です。

 

ディズニーキャラも輪郭がどれも、滑らかで動きも滑らかですよね。

ベイマックスなんてモロです(笑)

つまり、

 

『丸み=優しさ

 

優しさとかわいいは世界中から愛される」と覚えておきましょう。

絵に優しさがあると、人気に繋がりやすいとうことです。

 

逆に超ハードな大人の漫画を描きたい場合は、かわいいキャラでは似合いません。

(ギャップを利用する場合はその限りではない)

 

ゴルゴ13カイジアイアムヒーローなどはとことん、リアル尖っています。

Sponsored Link

デューク東郷の眼なんかするどすぎますよね。あれでお目目ぱっちりでキラキラしてたら迫力もクソもないですから(笑)

 

ペン入れ

 

クリップスタジオやコミックスタジオには、線の補正調整がついています、早くサッと描いた時は補正が効くようにとか、アップにした時は効かないようにとか、様々な調整が出来ますから試してください。

 

この補正のおかげで、線が震えずに引けるんですが、その震えが味だと言う人は補正をなくしてもいいとおもいます。

絵は自由ですから。

 

動画内でも説明してますが、デジタルで漫画やイラストを描く場合は、ショートカット・キーは出来るだけ沢山覚えましょう。

なにかと便利ですし、作業の煩わしさから多少なりとも解放されますから。

作業効率も格段にUPします。

 

CLIP STUDIO PAINT共通のショートカット

 

私が作業中に頻繁に使うのは

  • Shift+Space(自由回転、ダブルタップでデフォに戻る)
  • control+Z(やり直し)
  • control+C(コピー)
  • control+V(貼り付け)
  • control+S(セーブ)
  • control+W(閉じる)
  • control+Shift+T(画像自由変形)

 

とりあえずこれだけでも重宝するはずです、ぜひ覚えておきましょう。

 

トーン貼り

 

トーンはもちろんクリスタでも簡単に貼れますが・・・

私はフォトショップCS2にプラグインを入れてあるので、しかもショートカット・キーを登録していて、めちゃくちゃそっちに慣れているのでクリップスタジオではあまり貼りません。

 

一旦フォトショップ用に書き出しをしないといけないという手間が掛かりますが、その作業のおかげで保存fileが2種類になってバックアップとしても役に立つのでまぁいいかと。^^;

 

慣れ親しんだものってなかなか手放せないんです。

 

仕上げ

 

フォトショップにて作業してます。

活版用には普通600dpiで描くんですが、今回は350dpiでのトーンなのでドットがデカすぎてモアレ気味に・・・(^_^;

 

まぁ、トーンは非表示にしてカラー用レイヤーをかまし、色を塗れば綺麗になります。

が今回はモノクロトーン処理しました。

 

仕上げまでトータル50分以上かかりましたが、カラーならもっとかかりますね。

でも描いている間は時間なんてまったく意識してなく、気持ちが絵に向かっています。

時間を忘れることが大事です。

 

完成!

イラスト

モアレまくってしまいm(_ _)m

 

下は600dpiに上げてグレーに変更し、トーンを張り直しました。▼

※(今回のようにカラー原稿を600dpiに変更する場合は必ず、グレーかモノクロにしましょう。じゃないともの凄いバカでかい容量になっちゃいます)汗

やっぱきめが細かくて、綺麗になりますね。(ほっぺのトーン張り忘れはご愛敬・・・汗)

 

 

まとめ

時間を忘れて・・・

という状況は恵まれてるんだと言うことですね、それだけ夢中になれるものがあるわけですから。

 

まずは好きな人の絵や、気に入った絵があればマネして描いてみる。

どんどん描いて描いて真似することから始めて下さい。

 

一口コラム

アシスタントをしていたある人が、師匠から単行本1冊マネしてみろと言われたそうです。そのある人は「分かりました」と言って描き始めました・・・

それから1年ほど経ったある日、彼は「先生、言われた通りにまるごと1冊書き上げました・・・」と師匠の所へ・・・。

マネしろと言った師匠本人はそのことをすっかり忘れてました。

師匠はやっと思い出したそうで(ホントにやるとは・・・こ、コイツ・・・汗)と思ったそうです(笑)

 

そんな熱い彼はその後、立派に漫画家になりました。

真似すると似てしまい戻らなくなるのでは?と心配な人もいるでしょうが、いずれあなたの個性が自然と顔を出しますから心配はいりません^^

 

筆跡のようなものです。

 

少しでも参考になれば幸いです、では頑張って下さい!

 

 

「人数限定」無料マンガ(イラスト、ネームなど)添削中!

漫画の描き方(初心者)に戻る

 

<質問や悩みなどあれば下のコメント欄から遠慮無くどうぞ>

 

Sponsored Link